銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は「籠池氏を偽証罪で」と騒ぎ立てる安倍・自民党

<<   作成日時 : 2017/03/29 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

◇ 憲 法
憲法第62条 【 議院の国政調査権 】

両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。


 国政調査権は,立法機関としての活動の範囲に限定される必要はないが,他の機関の憲法上の権能(とくに司法権)を侵すことはできない。

1) 常軌を逸した安倍・自民党の小心翼翼たる姿
 今回,国有地の異常な安値払い下げに係る問題,すなわち〈安倍=森友学園事件〉での国会の証人喚問に呼び出されたのは籠池氏 1人だけだ。
 この証人喚問に先だって,具体的に予算などを執行できる立場にあった本来の当事者と関係者を参考人招致または証人喚問してからの,籠池氏証人喚問ではない。
 それも,そもそも「安倍総理を侮辱した」として始めたことだ。

 その時点でおかしいと気づいている人も多かったが,濫用とも言える常軌を逸した政治権力の対応が常態化している。

 最初に籠池氏に取材した菅野保氏 はじめ 木村草太教授(憲法学)も 「 国家権力が総出で,しかも,一私人の人格攻撃を行うというのは,これはやはり常軌を逸した対応である」 と指摘しているが,マスコミも今回ばかりは一致団結してこの安倍 ・ 自民党の恐怖政治を終わせなければ,明日は我が身に降りかかる厄災となるに違いない。

 政府には,国民に対する説明責任がある。
 ところが,安倍政権のこの数年では,政府がこの当然のことさえしなくなっただけでなく,憲法も法律もヘッタクレもない現状だ。
 「特定秘密法」 「安倍・安保法制」 など,いずれもまともな説明責任が果たされないまま,法制化され執行されている。

 そして今や,自民党は籠池氏を偽証罪で告発するための調査を視野に入れているという。
 独裁国家顔負けの恐怖政治に突き進もうとしている。 何と 「国政調査権の発動」 とまで言っている始末なのだから。
 先の証人喚問は国政調査権に基づいて行われたわけで,もう一度言うが,憲法も法律もヘッタクレもない現状だ。

 けれど,市井にあってほぼ生真面目に生活している私たちが,ここにはっきりと見てとれることは,実は自ら行い続けている悪事の数々がバレることを恐れ動揺を隠せないでいる安倍政権の姿だ。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ


2) 安倍昭恵夫人メール公開は「安倍信者」向けの恫喝か
 まず,〈安倍=森友事件〉が発覚してからなお,安倍昭恵・総理夫人は籠池氏の妻とショート・メールのやり取りを続けていたことは,安倍昭恵・総理夫人が自らの持つ大きな影響力を籠池夫人に対して誇示する関係性にあった から ことの証左だということだ。
 内容は,〈安倍=森友学園事件〉の真相に迫る証拠価値がそれほどあるものではないが,安倍昭恵・総理夫人の次の一文に,私は注目することしきりだ。 とくに変わった言い方ではないと見過ごす人も多いだろうが,実はこれを見過ごすわけにはいかない。

「 私もどうしていいかわかりません。 権力など使っていません。 神様はどこに導こうとしているのか。 とにかく祈っています。 自分達の保身ではありません。 日本の将来のためです。

 これまであった狂信的な主義・主張や宗教による〈仲間殺し〉,たとえば連合赤軍のそれであったり,オウム真理教のそれであったりを想起するに十分なフレーズが,ここにある。

「 自分達の保身ではありません。日本の将来のためです。」

 単に安倍昭恵・総理夫人の誰に対しても親しげに接する性格からという説明の破綻も,ここに見てとることができる。
 選挙演説のときくらいにしか言われない 「日本の将来のためです。」
 そして,名誉校長を引き受けていたという安倍昭恵・総理夫人の この言い方が 何らかの大きな影響力を発揮するのは,「安倍信者」に対して以外に ないはずだ。
 なぜ,自民党の西田昌司議員が3月24日に,それ(2016年6月から2017年3月中旬までの内容)を公表したのか。
 それはつまり 「安倍信者」 たちを震え上がらせるために,とても有効な手段であるからだろう。

 自民改憲草案に顕著な「日本」というまず国家ありき,「日本」に滅私奉公する,すなわち〈個人の否定〉が「安倍信者」たちの存在証明であるらしいという 何とも空恐ろしい現実を目の当たりにして,桜の満開も近いこの季節だというのに,私はとても暗い気持ちになっている。

 以下は,日刊スポーツに掲載された 昭恵夫人/メール全文5 の一部。


――――   ――――   ――――

2017年 3月16日
安倍 昭恵
祈ります。

籠池 諄子
安倍首相はどうして園長を地検にいわれたんですか 国は自分等に大事な民衆をきりすてるのは許せない国会にでます 安倍首相を

安倍 昭恵
それは嘘です。私には祈ることしかできません。

籠池 諄子
尊敬していたのに小学校をやめ 幼稚園は 破産 建築や社長は破産 お父さんは詐欺罪 あんまりにも 権力を使うなら死にます

安倍 昭恵
私もどうしていいかわかりません。 権力など使っていません。 神様はどこに導こうとしているのか。とにかく祈っています。 自分達の保身ではありません。 日本の将来のためです。

籠池 諄子
嘘の情報

安倍 昭恵
100万円の記憶がないのですが。

――――   ――――   ――――

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ

3) 「 思想なき社会の側面 」 吉本 隆明
 阪神大震災,サリン−オウム事件,いじめなど20年以上前のことではあるけれど「切実な話題」についてまとめられた本を,私はまた開いてみた。


『 余裕のない日本を考える 』 吉本 隆明
1995年10月 4日 第1刷 コスモの本
買ったとき 定価1600円(本体1553円+税3% 47円)
画像

1 思想なき社会の側面
サリン―オウム事件の残像

p.17

(ハ) どんな高度な知識や理性を身につけていても、同じ宗教信仰や理念信仰をもつ集団が内閉されたまま追いつめられたときは、相互殺傷や無関係な人間の殺傷に陥り、どんな蒙昧よりも蒙昧な振舞に及ぶことがありうることを改めて見せつけた。 これは大は国家の戦争から、小は政治の集団 ・ 宗教の集団 ・ 家族にいたるまで 例外はない。 またどんな立派な理性的な個人でもある条件にはまりこむと 免れないとおもえる。 これを防御する装置を人間性(ヒューマニティ)は もっていないし、その理由も解明されていない。 あるとき偶然に当事者となったものが 殺傷者として指弾を受け、偶然の部外者となった者が 犠牲者や非難者や観察者となるにすぎない。 究極的にはそうとしか わたしには言えない気がする。 この人間性にたいする絶望や 希望の喪失は計りしれない。 これをなだめてくれる唯一の言葉は、人間は機縁のないところではひとりの人間さえ殺しことはできないけれど、契機があるとそう意志しないでも、百人、千人の人を殺すこともありうるのだ、といった親鸞の言葉だけだという気がしてくる。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 日 刊 ス ポ ー ツ
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797072.html
昭恵夫人「戸惑っております」/メール全文1
[2017年3月24日17時18分]
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797075.html
昭恵夫人「教育に対する熱意は理解」/メール全文2
[2017年3月24日17時19分]
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797079.htm
籠池夫人「総理には失望しました」/メール全文3
[2017年3月24日17時29分]
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797081.html
籠池夫人「天の神様が現れました」/メール全文4
[2017年3月24日17時35分]
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1797109.html
昭恵夫人「とにかく祈っています」/メール全文5
[2017年3月24日17時46分]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今度は「籠池氏を偽証罪で」と騒ぎ立てる安倍・自民党 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる