銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS マティス国防長官が駐留経費増額なんてケチな要請で日韓に来るわけもないよ

<<   作成日時 : 2017/02/04 17:29   >>

トラックバック 0 / コメント 2

§ アメリカの露骨な「覇権主義」は,まっぴらゴメン
 トランプ大統領で,「内向き」とされるアメリカだけれども,実ははますます大国主義を譲りたくない姿勢を強固にしている。
 米軍の駐留経費の話など,そんなケチなことで,わざわざマティス国防長官がトランプ政権始動して最初に日韓を訪れることはない。 そんなことは,外交の素人でも気がつく。
 さまざまな,そして多くの問題を抱える中国は,それでも大国に違いない。
 そこで,あいかわらず北朝鮮を並列して中国を牽制し,「アジア・太平洋の安全保障」とするが,アメリカの覇権主義,大国主義に日本も韓国も追随しなさいという要請が露骨だ。
 しかも,そこには,より広範な世界平和の概念はまったく見受けられない。

 アメリカは「自由と民主主義」と言っては,中東などの「テロ勢力」を爆撃し続けている。 直接の被害者はほとんどが一般市民だ。 そんなものに加担するのは私はまっぴらゴメンだ。

 現行憲法がアメリカからの押しつけ憲法だとして,人権と国民主権を否定する「改憲草案」を提出している自民党は,何を考えていたのかな,そして,考えているのかな。
 「防衛力強化」のためには,憲法はジャマで,「共謀罪」という厳法で国民を支配するのかな。
 「防衛」と言って戦争の口実を絶やさないことで大モウケする勢力がいるのかな。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ


§§ ピコ太郎で,ささやかな平和? を放映した「金スマ」
 友だちのハルちゃんが録画して見せてくれた,昨夜のTBSテレビ「金スマ」。
 ピコ太郎だった。
 あのカツラに,安っぽい金ピカ衣装の衝撃。
 なるほど,ランニング・シャツとかデコった革ジャンでは,ぜったい世界的ヒットはしなかっただろうね。
 日本では歌詞をどうやって考えたかに話が弾むようだけれど,むしろ,あの衣装をどうやって思いついたのか,私も聞きたい。
 フランスの新聞記者は,北野武監督の映画のイメージから 「日本の YAKUZA がそういう恰好をしているように...」 とピコ太郎の衣装に言及していた。

 gorilla ゴリラには,ギャング とか ごろつき とかって意味もある。日本人の考えるアメリカン・マフィアのイメージ。 中折れ帽と葉巻。 金ピカは,YAKUZA と共通...

画像


◇ News Week 日本版
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-6889.php
米マティス国防長官、稲田防衛相と会談「アジアの優先順位高い」
2017年2月4日(土)12時18分


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にそのとおりです、アメリカの覇権主義に付き合うのは日本に危機的状況を招く以外、あり得ません。
にも関わらず、アメリカの覇権主義に追随する為に沖縄を弾圧し、沖縄県民を蹂躙、あの手この手でオール沖縄を引き裂こうとする、安倍政権は本当に悪魔に等しいと思います。
沖縄で行われた市長選挙の連勝の勢いに乗って安倍政権と自公は、翁長沖縄県知事を来年の知事選挙で敗北させてようとしていますが、沖縄県民は正しい判断を下すでしょう。
現に沖縄県民は前の知事選挙と県議選挙で正しい判断を下しましたし、名護市長選挙や那覇市長選挙で正しい判断を下しました。
ただ石垣島や宮古島を始めとする八重山諸島は中国脅威論と本土からの移住者流入で安倍政権の手に落ちました。(本土からの移住者の右傾化も深刻です)
本島にも本土からの移住者が増えていて、移住者の中にはモンスター化し沖縄や沖縄の文化を批判、攻撃し「これは権利です!!」と言ってはばからない人達も出てきています。
同じ本土の人間として恥ずかしいです・・・


燕くん
2017/02/06 19:24
燕くん様
「右傾化」や排外主義が,沖縄でも,日本でも,アメリカでも,ヨーロッパでも,当たり前のように噴出していることには,学者にしろ まだ正確な分析ができていないと見えますが,加速度的に〈イヤな感じ〉の時代を私たちは生きているのは,現実ですね。
経済的不平等が原因で排外主義が幅を利かせているというような解説が多いですが,そんな単純なことだけではないと,私は思っています。
日本が自立した国家として成立しようとするなら,米軍基地が沖縄だけでなく首都圏ほか全国に存在していることが,本来おかしい。
そして,沖縄とりわけ辺野古の問題は,東京の大マスコミが日々朝から晩まで報道すべきことのはずですが,他のニュースと同列かそれ以下の扱いで,しかも「沖縄」と「国」のような報道姿勢ばかりです。私は怒りを覚えています。
沖縄に顕在している国政の報道より,あの狭い千代田区の区長選やら小池都知事やらに群がるだけの大マスコミは,害のほうが大きいかもしれません。
ましてや安倍政権はトランプ大統領になってから,むしろ何となくうれしそうにアメリカ追随の政策を展開し始めているのではないでしょうか。
でも,理不尽なことは理不尽と,あきらめずに言い続けていきたいものです。
レイナ
2017/02/07 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マティス国防長官が駐留経費増額なんてケチな要請で日韓に来るわけもないよ 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる