銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎「国民の財産を勝手に安く払い下げたのであれば国民に対する背信行為である」

<<   作成日時 : 2017/02/22 14:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年02月21日(火)
定例共同記者会見 自 由 党


小沢 一郎 代表
2月17日 蓮舫代表との会談
✑ 安倍内閣の暴走を止める。 そのためには何としても来たるべき総選挙に勝利して,政権交代を実現することだ

森友学園へ国有地を格安で払い下げ
✑ 正確には事実関係が分からないが国有地の払い下げがいちばんの問題だ。 国民の財産を,特定の者たちだけで勝手に不当に安く払い下げを行ったということであれば,国民に対する背信行為であり,行政の背信である。 政治家が係わっていればその政治家の背信行為である。 その問題をきちんと明らかにするべきだ

文科省の組織的な天下り
✑ どうしたら天下りを無くせるかという基本的な解決策を考えなければいけない。 「 怪しからん 」 と言うだけでは,今出てきたものを単にモグラ叩きするだけでは,いつまで経っても解決にならない。 ヨーロッパ,先進国の官僚制度は見習うべきものがある

山本 太郎 代表
原発避難者の住宅支援打ち切り
✏ 国は,原発避難者の見做し仮設に対しての住宅支援を打ち切る。 復興庁を2021年までに廃止する。 国の考え方は,空間線量で20ミリシーヴェルト以下の場所には人が帰れるとする。 この問題には今後も発言していきたい


https://www.youtube.com/watch?v=ckXEqtlm90k
14:20

【 記者質疑 】
THE PRESS JAPAN
 ; 両代表に森友学園の件で。「瑞穂の國小學院」建設問題。国有地の払い下げは非常に問題だが,焦点は安倍晋三首相夫妻の責任問題だと思うが,所見を伺いたい。


小沢 一郎 代表
 今やろうとしているのは私学のようですから,私学においては,その私学を創り教育しようという人のそれぞれ考え方でやるわけですから,それについて憲法で言えば公共の福祉に反するような 「 泥棒せい 」 とかね 「 他人をだませ 」 とか,そういう類いの話をやるとすれば,それはいけないといことになるでしょうけれども,内容について特別にそういったものがない限りは,ある意味での自由な(教育のやり方が)与えられているのではないかと思います。

 それ以上にね,今問題になってるのは,開校箇所に係わる,国有地の払い下げの問題。 そのほうがやっぱり,いちばん問題じゃないですか。

 国有地つうのは,国民の財産ですから。 国民の財産を,まだ正確には事実関係分かりませんけども,不当に特定の者に安く払い下げを行ったということになれば,それはもう行政,そしてそのトップにいる人も,責任は免れないわけで。 そのことがね,やっぱりまったくまだはっきりと解明されてない。
 役所も資料をなかなか完全には提出しない,という状況のようです。

 我々,23日かな,また各省庁,担当の省庁を呼んで事実関係を聴き取りをすることにしてますけれども。

 私は,その意味において,この国民の財産を勝手に特定の者たちだけで,不当に安く払い下げが行われたということであれば,それは,国民に対する背信行為であり,行政の背信であり,政治家が係わっていれば政治家の背信行為でありますし,そのことの問題をもう少しきちんと明らかにしようと,するべきだと,そう思ってます。

山本 太郎 代表
 小沢代表が言われたとおりだと思います。
 国有地の払い下げ,国民の財産を,不当かどうかは分かりませんけれども。 でもこれ,ほうっていったら,法的に,法律を犯すようなことは,なかなか見つけずらいと思うんですね。 おそらく計画的にやられてますよね。 そういう部分から,向こう部分の法的に反したというものを見つけるのって,なかなか至難の業だと思うんですけれども。
 この,国有地を不当に譲り渡したということ。 まあタダ同然ですよね,これね。
 「 安倍晋三記念小学校 」 改め 「 瑞穂の國小學院 」 ですか。 それを,維新のお膝元である大阪で。
 まるで特区ですよね,これね。 学校創りたいと言ったら,じゃあほとんど土地の費用かからずに,お渡ししますということが,これから全国的にそうしていくんだったら問題ないかもしれませんね。 全国的に,教育に係る施設であったりというものは,そういうようなやり取りしていくよっていうことになれば,別に問題ないのかもしれませんけども。
 明らかに,この学校だけでしょうから。 非常にあり得ない話だなあというふうに思います。

読売新聞 ; 小沢代表に。 先週金曜日(17日)夜に民進党の蓮舫代表と会談されたと思うが,どのような会合で,何について話合われたかを。

小沢 一郎 代表
 もう皆さんが知っているから,隠しだてする必要はないと思いますが,蓮舫代表と会いました。
 個別の具体的な話をしたわけでは,ありません。 やはり,このままでは自公 ・ 安倍内閣の暴走を止めることはできない。
 何としても,そのためには,来たるべき総選挙に勝利して政権交代を実現することだ,と。
 その前提として,まず第一段階として都議選があるから,これも,我々自身も努力はするけれども,まず野党第一党の民進党が頑張ってもらわなきゃいけないんで,蓮舫代表しっかり頑張って,よろしくお願いしますっちゅう類いの話です。

朝日新聞 ; 小沢代表に。民進党は原発を 2030年にゼロにするとか,法案化するとか言っているが,それに関して蓮舫代表から話題はありましたか。

小沢 一郎 代表
 そのことはべつに詳しくゴチャゴチャ言ったわけじゃありません。 ただ,蓮舫代表は,そのことについては自分の意思は貫きたいというふうに言ってました。 だから,僕は 「 はい,はい 」 って言ってただけです。
 前にも言ったんじゃなかったかなあ,君らの質問のときに。 民進党の方針は(原発を)2030年だか 30年代だかに 止めるちゅうこと。
 そりゃあ,尻が限られてりゃあ良いことだから,それがきちんとなればそれで良いんじゃないかってことを,前にも言ったような気がしたけども。
 蓮舫代表との話は,そういうことで,蓮舫さんの意思は固いと言いますか,そういう気持ちのようだというふうに推察しました。

THE PRESS JAPAN ; 山本代表に。 原発避難者の方々がいよいよ住宅支援を打ち切られるということで,今日同じ議員会館で会見を開いた。 住宅支援打ち切りの件についてのお考えを。

山本 太郎 代表
 避難。見做し仮設に対しての住宅支援ですよね。当然,打ち切られることになると思います。
 なぜならば,この原発問題の矮小化,原発再稼働するためには絶対しなきゃいけないわけですから。 だからこそ国は,復興庁を2021年までに廃止するんですよね。(2021年)までにだから,前倒しも可能ですよね。 その頂点としてオリンピックを置き,まあ記憶から消すという作業ですよね。 話をすり替える。
 避難の要件,たとえば年間20ミリシーヴェルトって話にされてますけれども,空間線量のみなんですよ。国は,空間線量で20ミリシーヴェルト以下の場所には人が帰れるっていう考え方なんですよね。 それ考えてみたら,放射線管理区域の4倍ですか,約4倍。 放射線管理区域といったら,知識のある大人しか入っちゃだめなんですよね。 10時間,1日。 腕まくりも,しちゃだめ。 飲み食いも,だめ。 その地域に妊婦も子どもも,一般公衆はその4倍を与えてだいじょうぶだっていうのが,今の国の考え方。 しかも空間線量でしか測らない。 人間を空中に浮き上がらせて生活してますかってことなんだと思うんですよね。 土壌を測らなきゃいけないんですけれど,これはやらない。 5キロの範囲で1点だけ調べるっていう方法。 これ,はっきり言って国家的な犯罪ですよね。 もうこれは,逃げ切るつもり満々なんですよ。  だからこの件に関してもやっぱりマスコミの皆さんには森友学園のことも含めて,頑張っていただきたいと。 マスコミもいっしょに国家犯罪の片棒をかつぐようなことは,ぜひやめていただきたいと。 基本に立ち戻ってやっていくことが必要だと。
 もちろん見做し仮設の方々に関して,自主避難されてる方々に対して,やっぱり加害者側が勝手に線引きしている。 「 もう,だいじょうぶだ。帰れ 」 って言ってる状況が,今だと。
 これ今,政治のなかではほとんど無視されてる状況です。 でも,自由党として,山本太郎として,これは言っていきたいことだと思ってます。

NHK ; 文科省の天下り問題について。今日(松野博一)文科大臣が閣議後の記者会見で,新たに,文科省の人事課で 天下りのあっせんの手順を記したメモを作成して組織的に引き継ぎを行っていたということを,明らかにした。 お考えを。

小沢 一郎 代表
 そのこと自体は,非常に怪しからんことで,とくに現在のこういう役人の天下り批判が非常に高まりつつある。
 政府も,それはなるべくやらん,みたいな話をしている時期にね,それを,隠れてね,組織的にやってるちゅうことは,非常におかしなことだと思いますがね。
 この天下り 「 だめだ,だめだ 」 っつうだけでは,無くならないんですよ。
 皆そうだけども,基本的な解決策を考えないで 「 だめだ,だめだ 」 言って。 で,役人は60歳 あるいはもっと前で 辞めて,あと何して食うのかって話になっちゃう。
 とくに権力を持ってる,権力の座にある官僚ですからね。
 それはけっきょく自分の,その後何十年かある余生をどうやって暮らすのかということを考えた場合にね,その権力とその管轄下の癒着が起きるのは,これはもう当たり前のことなんだ。
 だから,そこをただ 「 怪しからん,怪しからん 」 ちゅうだけじゃなくて,じゃあどうしたら,そういうことを無くせるかということを,基本的な解決策を考えなきゃいけないと,私は思ってます。
 ですから,その意味においても,ヨーロッパのね,先進国の官僚制度は非常に見習うべきものがあります。
 日本では単なるたまたま出てきたものをモグラ叩きするみたいな話ばっかりで,喉元過ぎりゃあ,皆もうケロッとして忘れちゃうけれども,そういうことであってはいつまで経っても解決にならないと,私は思っております。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
自 由 党
http://www.seikatsu1.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小沢一郎「国民の財産を勝手に安く払い下げたのであれば国民に対する背信行為である」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる