銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「慰安婦像」を設置する,個人として国家と対等である韓国市民の姿

<<   作成日時 : 2017/01/11 17:56   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 タイトルの「慰安婦像」は,より正確には〈平和の少女像〉と表記すべきところですが,日本の戦時の加害を忘却しないために,あえてこのままにします。
 以上追記 2017/01/17 15:25

 とうとうアメリカが自国国益を考えて,日韓のとりあえずの“和解”に乗り出すようだと報道されている。

 この今の日本の政府の姿は,あまり恥ずかしい。

 日韓首脳で「従軍慰安婦問題」に対する「合意がなされた」ことになっていたが,こんなものは日本の国内大マスコミ向けにしか通用しない,ただのポーズだろ。
 あのバラク・オバマも,広島で被爆者と抱き合うくらいのことはやってのけた。 そういうの,安倍のキャラじゃあムリって,けっこう言われてるけどね。

 この問題に,個人の尊厳を国家と対等である「大きさ」で実現すること以外に解決はないと,鮮やかに見抜き,発言したのは吉本隆明だった。 15年以上前の本だけれど。
(※)

 自分の生存をかけて名乗り出たのだから、「これは本当に大変なことなんだ」という扱いを日本政府はちゃんとしなければいけないんです。 個人ではあるけれども、名乗り出たということで、彼女たちは政府大の大きさになっちゃった。 政府と対等の立場になっちゃったわけです。 これは、大変、重要なことなんです。

 ここを間違えちゃいけないんですが、日本国の政府が韓国の政府に対して、謝罪し、賠償するんじゃなく、「私は元従軍慰安婦だった」 と名乗り出た韓国の個々の女性に対して、謝罪し、賠償するんですよ。 韓国の女性たちは、韓国政府を通じて日本政府に謝罪や賠償を求めてきたんじゃない。 裸のまんまのというか、一個人として、一人の民衆として、日本政府にそれを要求してきたんです。 それに対して、日本政府が謝罪し、賠償するというのは、「国家としての恥」でもなんでもないんですよ。


 これを理解できない日本の政治屋どもは,早晩,自国の国民も滅ぼすことになる。
 
 以前に書き散らしたものは,下にメモ。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 関連
http://4472752.at.webry.info/201408/article_9.html
朝日新聞が強制連行の記事を取り消そうと,韓国女性の生存をかけた訴えの重さは変わることはない
2014/08/14 01:23

http://4472752.at.webry.info/201601/article_16.html
実は反省も謝罪もしていない桜田義孝・元文部科学副大臣
2016/01/15 18:00

http://4472752.at.webry.info/201603/article_8.html
国際女性デー3月8日/菅官房長官も岸外相も,人権が理解できてないんだろ
2016/03/09 00:17

http://4472752.at.webry.info/201512/article_20.html
日韓外相共同記者発表「従軍慰安婦問題」岸田外相の発表に感じる下品さ
2015/12/28 23:48


(※) 吉本隆明 『 私の「戦争論」 』
ちくま文庫 二〇〇二年七月十日 第一刷

p.75〜117
第二章 「新しい歴史教科書をつくる会」を批判する

p.101 1〜4行目
 そういう中で、「私は元従軍慰安婦だった」と名乗り出た韓国の女性たちがいた。それは、日本流にいえば、恥を忍んで名乗り出たんですよ。 個々の兵隊さんに謝罪と賠償を求めるというのはムリな話だから、日本政府に謝罪と賠償を求めた。 彼女たちが謝罪と賠償を求めてきたなら、日本政府は四の五のいわず、それに応じるべきじゃないですか。

p.103 1行目途中 〜6行目
 ここを間違えちゃいけないんですが、日本国の政府が韓国の政府に対して、謝罪し、賠償するんじゃなく、「私は元従軍慰安婦だった」 と名乗り出た韓国の個々の女性に対して、謝罪し、賠償するんですよ。 韓国の女性たちは、韓国政府を通じて日本政府に謝罪や賠償を求めてきたんじゃない。 裸のまんまのというか、一個人として、一人の民衆として、日本政府にそれを要求してきたんです。 それに対して、日本政府が謝罪し、賠償するというのは、「国家としての恥」でもなんでもないんですよ。

p.105 後ろから2行目の途中 〜 p.106 9行目
 強制連行があったか、なかったか、いくらデータを集めて、「ああでもない、こうでもない」と詮索してみても、決着なんかつくわけがありませんから。 第三者には本当にはわからないことなんですからね。 だから、いい換えれば、そういう論議の仕方は間違いだということです。論議をそういうふうにもっていくこと自体がダメなんだ、ウソなんだと僕は思います。
 「私は元従軍慰安婦だった」と韓国の女性たちが名乗り出た。 恥を忍んで名乗り出た。 僕にいわせれば、そのこと自体、その人にとっては自分の生存をかけた、生死に関わるほど大変なことなんです。 

p.106 12〜16行目
 自分の生存をかけて名乗り出たのだから、「これは本当に大変なことなんだ」という扱いを日本政府はちゃんとしなければいけないんです。 個人ではあるけれども、名乗り出たということで、彼女たちは政府大の大きさになっちゃった。 政府と対等の立場になっちゃったわけです。 これは、大変、重要なことなんです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもありがとうございます。 今年もよろしくお願いします。
慰安婦問題が、戦後すぐ出てこなかったのは、GHQによる検閲があったためとも言われていますが、米日韓という国家は、個人の人権を二の次にしてきたのだと思います。メンツにこだわる国から脱するには、まだまだ時間がかかるのかも。
無心
2017/01/14 05:02
こちらこそ,本年もよろしくお願いいたします。
今の日本には,人権感覚に支えられもせずにアジアの「安全保障」を語ること自体がお笑い種なんだという大マスコミさえ,ありませんね。
なにしろ安倍総理はあのドゥテルテ大統領のフィリピンには5年間で1兆円の支援を約束したそうですし。
なお,昨日の立憲デモクラシーの講座での山口教授の言葉ですが「2016年が民主政治の終わりの始まりの年になるのか」。
でも,私たちはあきらめずに「アベ化する日本と政治制度」と闘い続けたいものです。
レイナ
2017/01/14 14:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「慰安婦像」を設置する,個人として国家と対等である韓国市民の姿 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる