銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 20161221 市民連合 『衆院選をどう闘うか 〜 立憲政治の再生を 〜』

<<   作成日時 : 2016/12/22 20:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

20161221 市民連合 『衆院選をどう闘うか 〜 立憲政治の再生を 〜
石川健治 「立憲政治とは,『猜疑』の政治である」
改題しました。レイナ

安保法制の廃止と立憲政治の回復を求める
市民連合
衆院選挙をどう戦うか 〜立憲政治の再生を〜

12月21日(水) 18:30〜21:00
北トピア さくらホール
参加者 700人(主催者発表)

街宣開催予定
2017年 1月 7日(土) 午後 1時〜
新宿駅西口

立憲4野党党首に登壇要請中


 ――――――――――――――――

開会挨拶
高田 健 氏(総がかり行動実行委員会)
・ 立憲4野党 + 市民 の力で,立憲政治の再生を
・ 衆院選 1人区は295
・ 参院選では自公3分の2 阻止できず敗北。 安倍政権を打ち倒す希望のある大きな勢力の不在

画像


立憲4野党<社民党と自由党,今回は不参加>

参議院議員 小池 晃 共産党 書記局長
・ 安倍政権の安保法制は,着々と具体化が進んでいる
・ 4野党は選挙で相互支援する。共産党の提唱する連合政府構想は前提としない
・ 民進党・野田幹事長の最近の発言「共産党とは血液型が違うので輸血はできないが,握手はできる」
・ いかに魅力ある共通政策を打ち出すか
画像


参議院議員 福山哲治 民進党 幹事長代理
・ 議会は不要という態度の安倍総理。年金法案,カジノ法案,ほか重要な議論を打ち切り,与党は強行採決。発効もしないTPPには長時間の議論
・ 衆院選では,何としても投票率を上げる。 投票率が 50%では 野党の躍進は難しい
画像


基調講演
石川 健治 教授
(立憲デモクラシーの会/東京大学 憲法学)
・ 「衆院選をどう闘うか」そんなことは私に分かるわけないので,立憲政治ということについて
・ 立憲政治とは,「猜疑」の政治である
・ 「猜疑」= 権力者を疑う,我々自身を疑う
・ 自由と責任と尊厳
・ どういう質を持った尊厳か。普遍的に共有できる質
・ 選挙戦の中で,尊厳について,うやむやになってはいないか
・ 尊厳に軸足を置いたプラットフォームとしての市民連合に

 < あとで追記します >
http://4472752.at.webry.info/201612/article_17.html
石川健治 ・ 市民連合基調講演(1/2)
「 安倍内閣が独裁主義,ステルス性の権威主義 となっている状況に 」

http://4472752.at.webry.info/201612/article_18.html
石川健治 ・ 基調講演(2/2)
「 普遍的なテーマ 『個人の尊厳』 を すべての人が手を繋げる形で打ち出す 」


画像


パネルディスカッション

山口 二郎 教授
・ 世界の政治が「安倍化」している
・ 2017年12月までには解散総選挙があるだろう
・ カジノ法,原発,辺野古などの政策で,民進党をふるいに掛ける
・ 連合とも話をする。連合にはすでに票を動かす力はない(: 新潟知事選挙)
・ 自公がパクレない尖った政策を打ち出す

山田 厚史 氏
・ 安倍政権とかけて「トランペット」と解く。その心は,トランプ氏のペット
・ 自立したジャーナリズムの言葉をもって権力と対峙する
・ カジノ法は安倍政権の命取りになる可能性が大。今後1年かけて個別法を作る過程で,2〜3の外資大企業が日本のカジノ市場でもうけるだけの「売国法」であることが明らかになり,大衆の議論に耐えられなくなる

大沢 真理 教授
・ 安倍政権が頑張った結果,生存権が脅かされている。すなわち違憲
・ 自民が掲げた2012年「デフレ脱却」は,黒田日銀総裁の任期中には実現不可能であり,安倍政権は投げ出した
・ 「アベコベノミクス」
・ 家計消費支出は2014年以降,連続して低下
・ 社会保険料の負担増。とりわけ子育て世帯に重い
・ 言葉だけパクった「同一労働同一賃金」。 その意味するものとは,まったく似て非なる法整備
・ 「女性活躍推進法」それ自体は良いとしても管理職の数値目標にとどまるだけで,女性のほんとうの活躍には,長時間労働の規制,および差別を生まない法整備とセットでなくては実効性がない
・ 所得分布下位40%の経済成長率を上げると,国の経済が成長することは近年の経済学の常識

諏訪原 健 氏
・ 地域レヴェルで,野党 + 市民連合。多くの市民を巻き込む
・ 候補者を,私たちが作る。もしくは議員を変えていく
・ 若者もほんとうの活躍を。個人,生命をだいじにする社会を取り戻す

<画面左から>
山口 二郎 教授 (立憲デモクラシーの会/法政大学 政治学)
山田 厚史 氏 (ジャ−ナリスト)
大沢 真理 教授 (東京大学 社会科学研究所 経済学)
諏訪原 健 氏 (筑波大学大学院生 教育社会学)
画像


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
20161221 市民連合 『衆院選をどう闘うか 〜 立憲政治の再生を 〜』 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる