銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカのトランプ大統領就任阻止のムーヴメントは立憲にもとる

<<   作成日時 : 2016/11/14 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 紅玉りんごの季節
 野菜が高騰している。
 果物はそれほどでもない。紅玉りんご5個が手に入ったので,4個使ってジャムを作った。きれいな色にでき上がった。

画像

 リンゴジャムを少し味見。大満足。
画像


 アップル・パイを焼いた。パイ皿の直径20cm。
画像

 今夜は雨で満月は見られない。でも昨夜の月もとてもデカかった。

§§ アメリカのトランプ大統領就任阻止のムーヴメントは立憲にもとる
 トランプ氏就任阻止のムーヴメントは,各地でのデモにとどまらず,ウェブ上ではChange.org で『選挙人団:12月19日,ヒラリー・クリントンを大統領に』という署名活動が始められたことや,かのマイケル・ムーア監督が「トランプ氏に抵抗を」と呼びかけていることなどが伝えられる。
 が,人びとを扇動して選挙無効を強制するムーヴメントはよくない。

 トランプ氏の人種差別的な考え方がアメリカ大統領に相応しくないという考えには,私も賛成する。
 しかし,選挙人制度という選挙制度自体を無視し,就任阻止することが,民主主義に立脚するから正当だとする考え方は,間違っている。
 立憲すなわち権力の分立を屋台骨として成立する近現代国家がもろくも崩れ去る危険性さえ私は感じる。

 選挙人制度が問題であるなら,まずその問題を それとして問い,深化させるべきであって,今回のトランプ氏大統領就任阻止のムーヴメントとして横滑りさせることは,危険であるし,立憲にもとる。

 一部にはトランプ氏が「嫌いだ」という理由でデモに参加することが,あたかも民主主義であるかの説明を聞き及んだときには,私としては背筋が凍りつく思いがした。
 それは,まったくの錯誤に基づいているし,こじつけられた言い方でしかなく,理屈にもなっていない。
 考え方が間違っていると意見表明することと,嫌いだという感情を表明することを同一視することは,単なる錯誤であって,民主主義すらあやしくなるだろう。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参 考
ほぼ日刊『アメリカ人の物語』
大統領研究者による華麗なる歴史案内

http://americanpresidentsinfo.blogspot.jp/2016/11/1219changeorg.html
2016年11月13日 日曜日
『選挙人団:12月19日、ヒラリー・クリントンを大統領に』 という Change.org における署名活動について

◇ 報 道
毎日新聞
2016年11月14日 東京夕刊
http://mainichi.jp/articles/20161114/dde/007/030/018000c
米国
「トランプ氏に抵抗を」 ムーア監督が呼びかけ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカのトランプ大統領就任阻止のムーヴメントは立憲にもとる 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる