銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS TPPの本質 : 人間の選別を始めた小泉進次郎

<<   作成日時 : 2016/10/28 16:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1) 人間の選別を始めた小泉進次郎・自民党議員
 あまりにも異常なことでございます。
 自民党の小泉進次郎・農林部会長ら若手議員らにより,「社会保障改革」の名の下に,人間の尊厳を否定することに一切の疑問さえ抱かない政策提言がされております。

 報道によれば,「解雇規制の緩和のほか,医師が処方するうがい薬や湿布を保険適用外して全額自己負担化するなどの施策が明記されている」そうですね。
 しかも,「健康に気遣う人の医療費や介護費を,原則3割の自己負担割合を減らす制度の導入」
 ええっ〜 健康オタクに“割引”ですって?!
 国民皆保険を形骸化する典型的な発想というだけではありません。
 そう,いろいろ思いつきますが,たとえば,国民の期待を一身に担ってオリンピックで活躍したアスリートやら,ときあたかも野球ファンならず誰しもを楽しませているプロ野球・日本シリーズの選手やら,将来,もしも,もしもですよ,治療で根治しない何らか身体の不調から生涯にわたって湿布薬が必要になったとしても,「自己責任」なのでございますか。
 なんとまあ,おそろしいことです。

2) 法とは,恣意的な判断を排除しつつ,社会的公正を実現するもの
 26日には,ヒラリー・クリントン氏は,大統領になったとたんTPP締結まっしぐらのはずだという意味の発言をフジテレビのネット番組でしている茂木敏充・自民党政調会長は,この提言を評価しておられるのですねえ。

 法とは,小泉氏提言のような恣意的な判断を排除し,社会的公正を実現するものだということくらい,自民党の方々とりわけ国会議員は,ご存知ないということなのです。
 あきれますね。

3) 自民党は,長谷川豊アナウンサーをも凌駕する異常さ
 これは,先日の長谷川豊アナウンサーのいわば「透析患者・殺せ」発言より,はるかに酷いことなのです。
 しかも何しろ,立法府である国会で,こうした政策提言がなされていることを,大マスコミが,「すわ一大事」と騒ぐ様子もございません。

 科学および医療にたいする無知をさらして恥ずかしくもないアナウンサーの 1人や2人がいたことは,社会的な影響力を考えればそう小さな問題ではありませんが,こと立法をつかさどる国会議員が,積極的に人間を選別するとは,あまりにも異常です。
 私たちが考えている以上に,今の自民党は,異常です。

4) TPPの目指す〈世界再編〉に貢献する自民党
 ですから,TPPの目指す 〈 世界再編 〉 すなわち巨大資本の都合に合わせた役割を果たすために国家が存在するという 〈 近未来 〉 に向けて,自民党は貢献するつもりなのです。
 こと「自民・改憲草案」の危険性の問題だけではありません。
 くり返します。
 立憲を破壊し,近現代が実現してきた社会的公正を破壊し尽くす 〈 世界再編 〉 に,自民党は本質的な手助けをするつもりなのです。
 「1%」の生存のために「99%」は無惨にも隷従させられることになるでしょう。

 さて,神奈川県11区=横須賀市と三浦市の有権者は,こんな恐ろしい国会議員を 放っておくつもりでしょうか。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00050115-yom-pol
進次郎氏らが社会保障改革案 … 茂木氏「野心的」
読売新聞 10/28(金) 8:05配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000008-asahi-pol
健康ゴールド免許 ・ 勤労者皆保険 … 小泉進次郎氏ら提言
朝日新聞デジタル 10/27(木) 5:07配信

http://www.asahi.com/articles/ASJBV6T8VJBVUTFK01R.html?ref=yahoo
茂木氏 「 TPPも通せないのは米大統領じゃない 」
2016年10月26日23時09分

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも拝見しております。横須賀なのですが、進次郎さんは、人気投票のように当選してしまう。この分やは、無知だと思います。私たちは、一生懸命働いて、税、保険、年金を納め、老後は安心の社会、弱者には優しい政治を求めています。私の婿は町工場、息子は老人介護施設、共に退職制度はありません。納めるもののために、あくせく働き体を壊せば自己責任。不当な扱いにゴールを前に人間おかしくなってしまいますね。年をとったら働けなくなるのは、いつの時代もおなじです。企業は働く人を守らなくてはいけません。政治に無関心な人は、ご自分がいきる社会は、国会で決められていると思って、有能な議員を国会に送らなければと。野党共闘に賛同しています。長々失礼いたしました。お身体大切にしてください。
まごを心配するおばあちゃん
2016/11/02 10:39
まごを心配するおばあちゃん 様

ありがとうございます。
優生思想を旨とする政策提言を小泉進次郎ほか自民議員がしていることに,大マスコミがその危険性を報道しないことは,ほんとにおそろしいです。
安倍政権は年金運用の失敗を隠して,近い将来には低年金からも支給額のカット,また支給年齢の大幅引き上げなどを平気で法制化するつもりですしね。
そしてたとえば,仕事をする家族の健康を守り家庭内労働を一身に担いながらも労働所得を得られないという不当を押しつけられていた女性たちを,今度は低賃金労働者として「活用」して年金保険料を納付させるだけで,働く人を守るつもりなど,ないのでしょう

余談ですが,私の住んでる街は,町内会長まで自公の「イヌ」みたいのばっかりです。
何年か前,「オリンピック誘致をすすめる署名」の回覧板がまわって来たとき,近所の人たちがズラーッと家族中のサインをしたところに,私だけサインをしないで隣りに持って行くのには,ちょっと悲壮な決意が必要でした。
まあ,みんな,たいして考えずに右へならえ,なんでしょうが。
野党を結集させるしかないですね。
レイナ
2016/11/02 15:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TPPの本質 : 人間の選別を始めた小泉進次郎 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる