銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS SEALDSは,本質的な意味で市民運動を乗り越えた

<<   作成日時 : 2016/08/22 03:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 「 自分たちの頭で考えて動いた 」 SEALDS
 デモにはまったく参加できなかったし,しなかった友人のJ君は,8月15日に解散した SEALDSが実名で運動をしたことの「勇気」に敬服し,まったく新しい市民運動の萌芽も含んでいたはずだと感想を言った。
 J君にかぎらず20〜30代の労働者が,たとえばデモや集会,学習会など行きたくても行く時間がないのがふつうで,だからというわけでもないけれど,J君よりは暇な時間が取れる私は,この2〜3年は時間があれば何かデモや集会にわずかな回数とはいえ参加してみている。
 これまで日本にあった市民運動に私も感じていた違和は,おおよその庶民の感覚だろうとおもう。「開かれているようでいて、閉じた集団」という吉本隆明のいわゆる「社共」批判が,示しているように。

 SEALDSが本質的な意味でそうした市民運動を乗り越えたといえるのは「 自分たちはこう考える。だから、こういう活動をやる――そういう当たり前のやりかた」 「 本当の意味での自発性とオリジナリティ 」を模索し,運動を実現し,「 本来、自分たちがやるべきだと思ったテーマに沿って、自分たちで方向性を決めて動いていく 」「 自分たちの頭で考えて動いていく 」運動を実践したことだろう。
 上記,「太字部分」は 吉本隆明 『 ひきこもれ――ひとりの時間をもつということ 』 p.163〜165 からの引用。

§§ SEALDS批判に止めを刺す
 ところがまあ,SEALDSについて何ともいろいろ「批判的」のつもりで言っているらしい戯言が飛び交う。いずれ変質した自公政権の“手先”であることを疑わない情けないものを相手にするのもアホらしいが,そういう間違いには,止めを刺しておく必要がありそうだ。

1) いわく
「主張が正しいのなら万人に行き届くやり方を取れ」
 市民運動がたんなる政治的模倣の範疇を出ないことをよしとするスターリニスト,またはポピュリスト。
2) いわ
「SEALDSは若者の代表ではない」
 誰かがそういっていたらしいからと,当人たちが主張したわけでもないことを,さも規定の命題のように扱う迷妄。
3) いわく
「学生なら勉強しろ」
 よほど勉強が嫌いで,あるいは自分は勉強しているつもりなのに「勉強しろ」と指摘され続けたので心的外傷を負ったが,そのことに無自覚。
4) いわく
「大人なら働いて地道に頑張れ」
 自己相対化したことがない,あるいは,相対化できない,精神の自由からもっとも遠い生育不全症候。
5) いわく
「政治を動かすのは選挙だけだ」
 現在の民主主義にまったく無知であることを隠そうともしない顛倒迷妄。 代議制民主主義 ・信者,もしくは exhibitionism 。感覚的な思考停止状態。

§§§ 21世紀,世界の若者たちがインターネットで緩やかに共振している


Tell me what democracy looks like
This is what democracy looks like
民主主義ってなんだ
民主主義ってこれだ

 「これだ」は,リズムを重視するラップに乗せて最低限の共同性を指し示すための言葉だったのだろう。
 ただし,日本語の対訳として,私自身が適切ではないかとおもうのは「これだ」という断定ではなく,むしろ今ふうにならば「これじゃね」少し古めかしくならば「そうね,そんな感じよ」だろうか。
 けれど,個々人の思考の複雑さを失わせない単純化としての「これだ」であったのだと感じる。
 すなわち,同じ言葉を,歌を,多くの参加した人びとが同時に歌い唱和しても,それぞれの胸に去来する思考が,将来に向けてそれぞれに結実する幅を失ってはいなかったことは,SEALDSのオリジナリティといえる。


<以下,一部引用>
イルコモンズのふた
http://illcomm.exblog.jp/21877424
この「コール(英語では「チャント」とも云う)」は、1999年以後、世界の多くの国と地域に拡散し、いまでは世界のデモや抗議の定番コールとなっていて、2011年のオキュパイ・ムーヴメントでも、へヴィローテーションされたコールです。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


吉本 隆明 『ひきこもれ――ひとりの時間をもつということ』
大和書房 二〇〇二年二月一〇日 第四刷(第一刷は2002年12月10日)
画像


p.163
画像


p.164〜165
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SEALDSは,本質的な意味で市民運動を乗り越えた 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる