銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 舛添都知事も邪魔になってきた「自民・改憲勢力」

<<   作成日時 : 2016/05/01 13:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2016年04月24日(日)浅草寺の付近で
 ミニブタのお散歩に初めて出会いました。
 このコンパニオン・アニマルの名前は 「 トンカツ君 」 だそうです。地元では有名と思います。以下の本文とは関係ありません。

画像

画像

■ なぜ,今,舛添都知事叩きか
 鉄壁を築きたいがために自民「改憲」勢力は,外堀を埋めにかかっているのだろう。
 日本国憲法の天賦人権ぶりが悪いとする「自民草案」には,少なくとも舛添都知事は大賛成なわけではないと考えられる。
 自らがその策定に係わった2005年「自民党・憲法草案」より以上に「2012年版」は,野党としての右バネを効かせた形になっている とし,また日本国憲法13条・個人の尊重と公共の福祉を「2012 自民草案」で「人としての尊重」とする部分については,「人として」は人か動物かの違いであって法学者のチェックが必要だとするように,かなり批判的ではあった。これは,当時 新党改革代表だった舛添氏が 2013年6月9日NHK日曜討論に出演して述べたことだ。(※)

■ 石原元都知事のときには批判もしなかった大マスコミ
 石原元都知事に比しても外遊のコストがかかり過ぎだと批判をする。では,なぜ石原都知事のときに,厳しく追及しておかなかったのか。今後同じ事態が起きないとも限らない問題なのであれば,今さら何を騒いでいるのか。似たようなもんだろうが。
 そして,首都直下地震が来たときどうするのかと,わかったような追求のそぶりをする大マスコミ。とくにここ数日はあのフジテレビのようだが。
 2011年3月11日,都内では,江東区の化学工場内で,千代田区の九段会館天井崩落で,町田市のスーパー駐車場崩落で,犠牲者が,と伝えられている。
 電車が止まり歩いて帰宅しようとしていた私は,途中,行く手を阻まれていた救急車を2台ほど見た。救急車を通せないほど都内の道路は乗用車でごった返していた。地震による倒壊の直接の被害者でなく,病院にたどり着けず命を失った方がいたかもしれない。
 そのとき都知事は何をしていたんだ?
 無用の車の使用を控えるようにという呼びかけなどしなかったはずだ。
 夕刻には小雨もパラつき始めていたのに駅舎から人びとを追い出したと,翌日になってからJRに文句をつけただけの石原元都知事の無能さを,誰が批判したというのか。

■ 東京オリ・パラへの大金支出,ほったらかしの社会保障
 しかし,3年前には「社会保障がほったらかしだ」と安倍政権を批判した舛添氏だが,では知事として言ったほどのことはしているのか。
 都知事の“ムダ遣い”だけに注目したからと言って,都政に見る様々ないびつさを解消できるもんではない。マスコミは問題の根が深いところに照準を当てるべきだ。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


(※) 2013年 6月 9日 NHK日曜討論
http://4472752.at.webry.info/201306/article_22.html
2013/06/12 02:28
みどりの風・谷岡郁子代表 新党改革・舛添 要一代表/6月9日NHKでの発言


NHK 島田敏男 解説委員 ; 自民党の“憲法改正”が,かなり積極的な動きだが,しかし公明党は慎重。舛添さんは自民党にいた頃,自民党結党50周年に合わせた,ひとつ前の「憲法草案」をつくる作業に携わっていらした。

新党改革・代表 舛添 要一
 はい。

NHK 島田敏男 解説委員 ; その立場から,どうか。

新党改革・代表 舛添 要一
 あのですね,あの時は政権持ってました。
従って野党の皆さんも含めて,3分の2の多数が賛成できるようなコンセンサスを目指してやった。
 ところが今回の自民党の「草案」は,野党であって,まあ“右バネ”を効かした形で,野党の存在感を明らかにするような「憲法草案」になってる。
 で,私は,それだとちょっとね,マジョリティ行かないんじゃないかなと思ってます。
 それから色んな法律学的な構成を見ても,少し問題があるかなというような気がしていまして,例えば,個人として尊厳するってのは,個人と国家の対立。これ,書いちゃいけないんです。
 人として,というのは,人か動物かの違いなんで,そういうの,やっぱり法律学者がしっかり入ってれば,そういう所はチェックする。
 私は,やっぱり憲法9条を,正面からしっかり変えて,そしてきちんと外交安全保障ができる事にすべきだというのが,いちばん大事だと思ってます。

NHK 島田敏男 解説委員 ; 選挙を戦うという立場から,安倍政権の政権運営をどう見るか。

新党改革・代表 舛添 要一
 まあ,経済運営は私がずっと言って来た同じ政策ですから,そこそこ成果は上がってますけれども,やっぱり,そのミクロ経済で,例えば会社法をどうするかとか,周りを固めないと「3本の矢」だけでは足りない。

 特にね,社会保障。これが,ちょっと,ほったらかしなんです。
 やっぱりね,いっくら給料増えたって,お金使えませんよ。
 老後が不安。医療が不安。年金もらえるのか。
 だから,ここを同時に固めるのが,「税と社会保障の一体改革」じゃなかったのかな。そういう思いがしてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大したこともないのに舛添批判が出たのなら、ブログさんのご意見もいいと思うのですが、舛添都知事はあまりにひどいと思いませんか。この記事もあまりにひどくてあきれましたよ。ご意見を社会に向けて言われるのなら、少し社会を勉強してください。ご自分の意見に酔い、したり顔で言うのは最低です。
年配者
2016/05/01 20:45
年配者様
ちゃんと中身を読まずに,こうしたコメントを書き込むほうが最低であきれますよ。少し文章を読む勉強してください。
安倍「改憲」にも,甘利疑惑にも頬かむりしたまま,そして石原元都知事はスルーで,舛添都知事で騒いで溜飲を下げても始まらない。
レイナ
2016/05/02 17:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
舛添都知事も邪魔になってきた「自民・改憲勢力」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる