銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 神奈川県議会・自民党県議団の提案は代表民主制を根底から破壊する

<<   作成日時 : 2016/04/22 13:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 神奈川県議会についての信じがたい報道を読んだ。
 11日(月)の議会運営委員会で,自民党県議団が議会運営上の理由から共産党県議団に対し代表質問の制限を提案して,次回議運委で協議することが決まったという。
 
 何のための議会か? 何のために選挙で住民の代表を選んでいるのか?
 これは地方議会運営における明らかな瑕疵であり,立憲はおろか代表民主制さえ理解せずに議会運営をしていることに他ならない。議会さえ根底から破壊していいということになる。
 だから,この自民党県議団の提案には,ナチスどころではない異常さを感じる。しかも,議会の多数派で「協議することを決めた」となると,今まさに恐怖政治が行われていると考えるしかない。

 あいかわらず大マスコミはこれについて頬被りしたままなのか。報道の自由以前の基本的な姿勢がオワッテルんじゃないのか。
 神奈川県議会議員・君嶋ちか子は,公式サイトで抑制した口調で一連のことを書いているが,共産党議員に限らず,すべての議員にとって恐ろしい事態が起きているという認識はないのか? そして,県議会議長・土井りゅうすけ(自民党)副議長・鈴木ひでし(公明党)は,この提案を平気で聞いていたのだろうか。

 ところで私はいつも不思議に思うのだけれど,「自民改憲草案」にしろ,この神奈川県議会の異常さにしろ,このまま通ってしまったなら,数年後に自民党自らが少数派になって粛清されることは理解しているのだろうか。


◇ 参考
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00008621-kana-l14
共産党に質問制限か 県議会
カナロコ by 神奈川新聞
4月16日(土)14時43分配信

神奈川県議会議員 君嶋ちか子
http://kimishima.jcpweb.jp/archives/1772
神奈川県議会で起きていること
2016年4月19日

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神奈川県議会・自民党県議団の提案は代表民主制を根底から破壊する 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる