銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理には守るべき国民の生命より「TPP審議が果たすべき義務」

<<   作成日時 : 2016/04/19 01:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

〔追記〕 2016年04月20日18:15
 このメモを公表した10時間後に,政府の食料提供は,実際は90万食という以下の報道があった。
 180万食については「政府内の情報伝達ミスが原因」での誤報というが,この事態に及んでどこまで気の緩んだままの政府なのだろうか。
 まったく国民の安全・安心を本気で考えているとは思えない。


http://www.sankei.com/affairs/news/160419/afr1604190026-n1.html
2016.4.19 11:06
政府が食料提供数間違い 20日から180万食方針、実際は90万食 政府内伝達ミス
森山裕農水相は19日の閣議後記者会見で、熊本県などで相次ぐ地震の被災者に20日から3日間に180万食を追加提供するとした方針が、実際には90万食の間違いだったと発表した。政府内の情報伝達ミスが原因という。
<以下省略>
〔以上追記〕

 被災者に180万食を提供すると政府は発表するが,「1食」とはひょっとして「おにぎり1個」なのではないのか。
 報道を見る限り,十分な食糧が行きわたっているようには見えない。
 たとえ空腹をごまかすだけであっても,飴玉1千万個,1個4gならおよそ4tで,輸送能力の範囲なのではないか。

 しかし,TPP審議の再開について安倍総理は,「 国会が審議をするとご決定をされた以上ですね,政府として義務を果たしていくのが当然だろう 」 と平然と発言する。

 何ということだ。
 安保関連法制にしても,国民の生命・財産を守るためにとブチ上げたんじゃなかったのか。
 ここにも,自民「改憲草案」の本質が見える。

 自民「改憲草案」の「緊急事態条項第98条」は(緊急事態の宣言) として,「 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において 」 とある。
 大規模な自然災害が,今起きている。
 ところが,政府はこの体たらくだ。

 また,自民「改憲草案99条3項」では 「 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。」

 何のことはない。「改憲」の名を借りて,強力な独裁を実現するためだけの「自民草案」だろう。
 木村草太教授の指摘を待つまでもなく,緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」であることは,自明だ。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参考

緊急事態条項の実態は「内閣独裁権条項」である
自民党草案の問題点を考える
木村草太

2016年03月14日
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2016030100008.html/?returl=http://webronza.asahi.com/politics/articles/2016030100008.html/&code=101WRA

http://www.news24.jp/articles/2016/04/18/04327961.html
TPP審議より地震対応優先すべき〜民進党
2016年4月18日 16:36

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安倍総理には守るべき国民の生命より「TPP審議が果たすべき義務」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる