銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊本地方に「在日米軍オスプレイで物資輸送」のどこが先手なのか?

<<   作成日時 : 2016/04/18 01:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 「被災者支援」の名を借りた安倍内閣の横暴
 気象庁の発表では,地震活動が南西方向に移動しているという。それが,川内原発の方向ということは,多くの人がわかっている。
 16日(土)の菅官房長官の会見では,熊本県に自衛隊は1万5千人,月曜日までに2万5千人,警察2千400人,消防2千人と発表していた。事態は,運転基準に適合していると原子力規制庁の報告があると繰り返すばかりで,原発稼働を是認するだけだ。
 そこに在日米軍の支援の受け入れをしてオスプレイで物資輸送をすることで,九州の安全・安心にどういう影響を及ぼすのか。
 アメリカ本土でも事故の報告で有名なオスプレイだ。

 17日(日)安倍総理は 「被災者生活支援チームで」 「緊密な連携をとりながら、先手先手で被災者の生活支援に対応していく。」 と発言したそうだが,在日米軍オスプレイ投入のどこが「先手」なのか。

§§ 自然災害に十全に対処することが,日本の安全保障の本質だ
 違憲の安保法制を力尽くで「成立」させた安倍政権だが,「改憲」でも「安保法制」でもなく,自然災害に十全に対処することが,日本の安全保障の本質だ。
 防衛費と言うと,武器調達に関してばかり取り沙汰される。
 国土の保全は広義では防衛であるはずだろう。
 財政健全化などと騒いでは消費税だけふんだくり,社会保障は大幅削減し,もういい加減にしてくれ。

 昨年12月12日付産経ニュースによると,防衛省は平成30年度までにオスプレイ17機を購入予定で,うち5機は27年度予算で購入済み,28年度は残り12機を一括購入予定だったが為替変動などの観点から変更し4機購入したと報道されている。
 そして,もともと内国の自然災害など頭になかったのだろう。

 「 オスプレイは中国などの脅威にさらされる南西諸島防衛の一環で31年度から順次、部隊配備される。」

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 新聞ほか
朝日DIGITAL
http://www.asahi.com/articles/ASJ4K5GF5J4KUTFK009.html
首相「激甚災害に早期指定」 オスプレイで物資輸送へ
中崎太郎、福井悠介   2016年4月18日00時06分

産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/151212/plt1512120010-n1.html
015.12.12 09:07
陸自オスプレイ、28年度は4機取得 12機一括調達を見送り 防衛費は初の5兆円突破

平成28年4月16日午後 2−内閣官房長官会見
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13549.html
00:17:03

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熊本地方に「在日米軍オスプレイで物資輸送」のどこが先手なのか? 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる