銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS パナマ・ペーパー「立派な人や企業が税金をごまかして,うまくいく時代」

<<   作成日時 : 2016/04/13 02:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 樋口 陽一 訳 カール・シュミット
『 現代議会主義の精神史的状況 』 他一篇

岩波文庫 2015年7月16日 第1刷
定価648円(本体600円+税8% 48円)

 今,安倍政権は思想と呼べるほどのものがないままに,議会をも変容させている。
 いわゆる問題作。まだ読み始めたばかり。

画像


§§ 今週15(金)16(土)17(日)
DEMOCRACY STRIKES BACK

早大・早稲田キャンパス すべて参加無料
15(金)14号館 18:30〜20:30
連続公開講座 第2回
佐藤 学 教授(学習院大学)
「安倍政権の教育政策―その展開と現在」
勝野 正章 教授(東京大学)
「安倍政権による教育改革の検証―子どもの権利と教師の自律性の視点から」

16(土)14号館 14:00〜17:30 (開場13:00)
松井 久子 監督・最新作・完成披露試写会
ドキュメンタリー映画 『不思議なクニの憲法』

17(日)大隈講堂 13:30〜16:30 (開場13:00)
リレートーク 市民連合
早稲田大学メディア・シチズンシップ研究所
安保関連法廃止を求める早稲田大学有志の会
立憲デモクラシーの会
画像


§§§ パナマ・ペーパーズ=立派な人や企業が税金をごまかして,うまくいく時代
 法は,人間にとってまた人間社会にとって,つねにすべてではない。日常を考えれば,法はつねに社会のあり方より先行するか,遅れるかとしてしか存在しえない。
 首相,政治家,大企業,大企業のCEOたちなどが「脱法で資産隠し」をしていることが,2013年オフショア・リークスにしても今回のパナマ・ペーパーにしても「脱法」行為であるが「違法」行為ではないと言われる所以だ。何とも不愉快であるにもかかわらず。

 脱税あるいは限りなく脱税に近いことは,いつも世にある。
 「立派な人が税金をごまかさないのは、ごまかさないほうがうまくいくからです」と書いたのは糸井重里氏だ。
 税金に限らず,社会的な問題についてナイーヴな感想を得意とされる『ほぼ日』だが,ここについては,むしろウソつくんじゃねえよと私は思う。
 それとも「立派な人」とは,税金をごまかしようのない労働所得しかない層のことなのかな。


BRUTAS 2010年 2月 15日号
「ほぼ日と作った、吉本隆明特集」
Q.09 人はなぜ、疑うのか?
吉本隆明
 プロ野球の選手が、税金をごまかしたら、告発されるとか、書類送検とかになるでしょう。
 しかし、税金をごまかすのは正しいんじゃないでしょうか。
 それが時代劇の悪人の最期についての「年貢の納めどき」というイデオムの意味ですからね。  『吉本隆明 全マンガ論』(2009)より

糸井重里 「イトイさんの ヒモトキ」
「税金をごまかすのは正しいんじゃないでしょうか」という言葉も、面白いですね。立派な人が税金をごまかさないのは、ごまかさないほうがうまくいくからです。ぼくらだって、社会的にきれいにしてるだけで、やっぱりもともとは、払いたくないのが基本だったと思います。

画像

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パナマ・ペーパー「立派な人や企業が税金をごまかして,うまくいく時代」 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる