銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「TPP合意」と「自民・改憲草案」は,同根

<<   作成日時 : 2016/04/10 18:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 先週8日金曜日,立教大学に初めて行ったので 記念撮影。以下の本文とは関係ありません。
画像


§ 「UR強制捜査開始」はスピン・コントロールか
 甘利・前大臣のあっせん利得処罰法・違反の容疑。URと建設会社を東京地検特捜部が8日に強制捜査を始めたが立件は難しいとも報道されている。
(※1)
 国民がTPPに興味を持たないうちに,憲法に興味を持ち続けないように,甘利・前大臣に注目させておこうという情報操作を感じるのは,私だけではないだろう。

§§ 「TPP合意」と「自民・改憲草案」は,同根である
 思い出そう。選挙前,自民党は「TPP反対」。選挙後は 「TPP重要5品目=コメ,麦,牛 ・豚肉,牛乳・乳製品,甘味資源作物(サトウキビなど砂糖の原料)を守る」と具体的に明記した。
 だから,そもそも「TPP交渉が,大筋合意した」というところからして,疑わしいのではないのか。
 ところが
「 交渉内容がどうだろうと最終合意内容について,国益に反するかどうか審議すべきだ」(※2) という,私からすれば何とも乱暴な意見を読んだ。

 お聞きしたい。「国益」とは,何か。
 それをすっ飛ばして,本質的議論ができるのか。

 個人の基本的人権をただの言葉遊びにして「国家」や「家族」や「道徳」という,近現代憲法に馴染まない概念で鉄壁を築こうとしている自民党「改憲草案」とは何か。
 日本の「変質」,いや「破壊」と言える,個人の自由の制限と毀損とともに,一部の経済〈強者〉に都合のいいだけの,いわば好戦的な憲法で,いったい何を実現したいのか。およそTPPが,それと同根であることは自明のはずだ。


『「憲法改正」の真実 』樋口陽一・小林節 ☆ 画像
p.154 2〜5行目
小林 <略> 今回は他の権利の制限が強化され、二十二条はフリー・ハンドです。

樋口 うっかり制限をつけ忘れたわけではないのでしょう。 用意周到に、前文で新自由主義を国是とする宣言を行い、経済的領域における基本権だけ自由を拡大しているのです。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


(※1)日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/179165/1
ついにUR強制捜査 甘利前大臣に捜査のメスは届くのか
2016年4月10日

(※2)蓮華 with にゃんこ達
http://ameblo.jp/yukiyagi7/entry-12148173157.html
Facebook 投稿記事より 295 ― 早急に本質的なTPP議論に入る事を切に望む
2016-04-07 20:29:47  テーマ:Facebook投稿記事の転載


☆ 画像 『「憲法改正」の真実 』樋口陽一・小林節
http://4472752.at.webry.info/201604/article_7.html
国民を欺き続ける高村・自民党副総裁と島田・NHK解説委員
2016/04/04 23:50

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「TPP合意」と「自民・改憲草案」は,同根 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる