銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民的同質性に依らない公共圏の再統合は可能か

<<   作成日時 : 2016/03/20 17:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月18日 (金)立憲デモクラシー
「連続講座」 第7回
齋藤 純一
早稲田大学 政治学
立憲デモクラシーの会
http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/
連続講座(10回予定)
https://twitter.com/rikkendemocracy

画像

齋藤 純一 「市民社会と公共圏」
1.市民社会論の系譜
2.市民社会の今日の用法
3.市民社会が直面する問題(社会−経済的側面)
4.市民社会が直面する問題(文化的側面)
5.社会の分断(脱−統合化)
6.社会の再統合に向けて――2つの構想
7.デモクラシーを通じた社会統合(1)――デモクラシーの利点
8.デモクラシーを通じた社会統合(2)――社会参加の諸形態
9.デモクラシーを通じた社会統合(3)――デモクラシーの分節化
10.代表とその諸形態(1)
11.代表とその諸形態(2)
12.熟議デモクラシー( deliberative democracy )
13.デモクラシーにおける公共圏
14.公共圏の現状
15.デモクラシーと社会保障(1)
16.デモクラシーと社会保障(2)
17.Democratic Vistas (1)
19(18)Democratic Vistas (2)
20(19)おわりに

「20.おわりに」
▶ ・ ナショナルな感情に頼らない社会統合の再生
▶ ・ 制度を共有し、それを改編できる立場にある者が「市民」(実は国内には閉じない。現にグローバルに共有されている制度 e.g.WTO)
▶ ・ 熟議(public reasoning)を通じた意見・意思形成は少なくとも政治文化を豊かにする
▶ ・「代表」の多元化と連携
▶ ・ 貧困だけではなく不平等に対処しようとする際、ソーシャル・ミニマム(セイフティ・ネット)+公正な機会の平等で十分か?
▶ ・ 再分配だけではなく当初分配への関心も

画像

画像

画像


以下 by レイナ
レジュメでは番号18が抜けていたので( )内で表記。
膨大な内容を準備されていたが,質疑時間を取るために,講義されたのは14番まで。

「17,19(18) Democratic Vistas」
○ デモクラシーの展望

「20(19) おわりに」
○ 公共圏 意見交換可能な開かれた議論のネットワーク
○ 市場の当初分配が正常ではない 1996,97年以降のsocial security 社会保障の低下。政治による再分配に焦点が当てられるが,果たして労働分配率(市場の当初分配)が正常ではないという問題
○ 人は理詰めで動くのか 人びとの感情には理がある。規範的な期待が裏切られたとき,理詰めで人は動くのか

連続講座の会場として早稲田大学の最終回。第8回(4月8日)9回(4月22日)10回(5月13日)は立教大学になる。
なお「安保関連法の廃止を求める早大有志の会の連続公開講座は,4月15日(金) 早大14号館101教室。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国民的同質性に依らない公共圏の再統合は可能か 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる