銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党には「脇差・小沢一郎」が必携だと,京都市長選を見て考えた

<<   作成日時 : 2016/02/08 19:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 京都市長選
 7割弱の有権者が棄権している。投票率35・68%だった京都市長選。前回36・77%より1.09ポイント低い。
 毎回言うが,この投票率は選挙として成立していない選挙が常態化しているということだ。
 選管は選挙ポスターを公募するていどで,納税者の立場からするとほとんど啓発活動をいているようには見えないまま,何十年になるのか。
 たとえ選挙でも,マスコミは数あるニュースのうちの1つとしてしか取り扱わない。それだけでなく,地方選挙ともなると,あいかわらず自・公に民主,社民まで乗っかっての「地元じゃなきゃわからない」,いや地元だってよくわからない選挙になっている。
 地方におそらく特有の何かしら「利権構造」があるということなのだろうが,これはつまり,自公だけで選挙は勝てなければ,共産だけでも選挙に勝てないということだ。
 京都市長の任期は4年。3期目の当選となると,市政を12年間もまかせることとなる。地方で10年以上の強い権限を持たせることは,その何らかの利権構造が固定化し,いわば民主主義が機能しない状態となっていると考えるしかない。
 それでは,たとえば,首長任期は5年にし,どういう場合にも3選は禁止にするなど,制度改革が必要ではないのだろうか。

§§ 2014年都知事選が痛恨の茶番劇に終わったことの総括とは
 かつて4選を果たした石原・元東京都知事は4選後,わずか1年半で東京都政を投げ出し,そもそも投げ出した国政に復帰という勝手気ままな非道をやってのけた。
 そして,明らかに違法でなければ非道でも何でもありの「政治」のあり様に対して,有権者は政治に対する期待どころか大きな不信を持つことが当然でいいのだ,選挙に行くだけムダだと無意識まで含めて徹底されることだけを,都知事自ら13年半の任期の中でやり遂げたのではなかったのか。
 今さら終わったことを言っても始まらないという意見は多いが,だからこそ前回の都知事選で共産党がまったく野党共闘など念頭になく選挙をしたことを,私はつくづく残念なこととして思いだす。
 2014年,原発事故の問題を抱えたままの東京がオリンピックを招致までして,その首都機能をどう維持するのかという重い課題もあったはずだ。
 共産党アレルギーなど今どきの20代にはほとんどない。むしろ他と違うことで存在証明をしようとしていた都知事選における共産党のやり方が,今のこの政治の停滞を招いている部分を否定できない。

§§§ 民主党に見る日本の戦後政治の終焉と崩壊の予兆
 実はこの2014年の都知事選こそ国政に大きなウエィヴを巻き起こせた最後のチャンスだったのではなかったか。日本全国に影響を及ぼせたはずの都知事選で,野党の戦略,戦術の稚拙さ,とくに共産党にそれを感じたのは私だけだったろうか。
 ある程度発展を遂げた国家での一極集中については弊害のほうが多いにしても,現実は東京が経済,文化,学問,さまざまに日本の中心として内国の価値観を左右する。
 マスコミが安倍政権に牛耳られている今だからこそ,参議院選挙を控えた国政で民主党が「自分さえ良ければいい」集団になっていることは,日本の戦後政治の終焉,崩壊と捉えることもできる。
 けれど,かつての共産党が「政治理念」に固執して戦略,戦術に失敗してきたとしても,民主党は要するに明確な政治理念を持てていないから,もっと性質(たち)が悪い。

§§§§ 小沢一郎の政治理念こそ必携の「脇差」
 安保関連法の廃止法案を民主,共産,維新,社民,生活の5党で共同提出する予定と報道される。6月参院選に向けて,これをすぐれて政治的な巨濤にするためには,あの2009年の民主党による政権交代すなわち鳩山&小沢の政治理念・姿勢のリプロデュース,キャッチという「脇差」が必携なのだと私は思う。
 あの「小沢一郎・排除」に見る民主党の空っぽぶりは,ずっと続いている。
 たしかに,自らに厳しい分だけ人にも厳しいだろうと思われる小沢の政治姿勢を,ほかの政治家が同じように体現するのは大変だろう。
 民主党は,有権者という「打刀」を模索する必要はない。小沢一郎という「脇差」を必携することを,再確認してみるといい。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

◇ 参考
京都市
http://www.city.kyoto.lg.jp/
当日有権者数 1,141,060
投票率35・68%
門川大作(無・現)3選 254,545 推薦(自,民,公,社民京都府連合)
本田久美子(無・新) 129,119  推薦 共産党
三上隆(無・新)    15,334

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016020801001520.html
2016年2月8日 13時06分
安保廃止法案を共同提出へ 民主、共産など野党5党

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
民主党には「脇差・小沢一郎」が必携だと,京都市長選を見て考えた 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる