銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「安倍みたいなの」が増殖する2015年師走

<<   作成日時 : 2015/12/14 17:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 大っぴらに現れた「壊憲」勢力=自・公・おおさか維新
 国の形を示そうともせず,国境の本来的意味など考えたことがあるかはまったく疑わしければ,政界引退するはずの橋下市長。「自公とおおさか維新で憲法改正を」と明らかにしたという。師走で誰もが忙しい時期に消費税最低税率8%確定とも言える「軽減率」報道のドサクサに紛れて「壊憲」を煽っているが,即刻政界から消えてくれ。
http://mainichi.jp/articles/20151213/k00/00m/010/107000c
おおさか維新
橋下氏「参院選が勝負。憲法改正したい」
毎日新聞2015年12月12日 23時24分(最終更新 12月12日 23時24分)

 
§§ フランスでは,市民の冷静さが勝利したのだろうか
 フランス地域圏議会選挙ではすべての選挙区でFNが敗退し,サルコジ前大統領率いる中道右派の共和党が,与党・社会党を抑えて最多議席を獲得する見通しと報道される。フランス社会党の凋落だけが,わかる。
 さて日本では,いわゆる大衆の「政治離れ」の本質を解き明かす論客はほとんど見つからない。
 立憲主義であってもデモクラシーであっても,近現代の世界に生きる私たちがどのような共同性を望むのかという極めて歴史哲学的な課題として考えなければならないことだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-35089819-bbc-int
フランス極右、地方議会選で「敗退」 出口調査 BBC News 12月14日(月)11時1分配信

§§§ 山口二郎教授・立憲デモクラシー連続講座第3回(12月11日)の簡単なメモ
 事前予告では「民主主義を再考する―― 参加、代表、多数決」だったが,山口二郎教授は当日「戦後70年の民主主義」として講義を行った。
画像

画像


 動画 https://www.youtube.com/watch?v=siT1JOgPK4A

https://twitter.com/260yamaguchi
山口二郎 @260yamaguchi 12月9日
明後日、立憲デモクラシー講座で講義をします。18時半から早稲田大学3号館、401教室です。以前、樋口陽一先生に、「民主党が政権なんか取るから安倍みたいなのが出てきた」という批判をいただき、これに対する私なりの答えの模索を話する予定


・ 憲法第1章は第2章を必要とした―戦前と戦後の断絶性。軍国主義からの決別と国際社会への復帰
・ 日本政治はほぼ自民党1党支配であった。党としての意思決定が国家の意思決定として通用するセミ民主主義
・ 60年安保。条約成立と岸内閣退陣と「改憲」の断念

・ 1党支配の仕組みでは大規模な政策課題,大きな変動には,対応できない
・ 小選挙区制度がつくった民主党
・ 理念・思想なき政権交代。自民党の「補集合」が民主党であった。民主党は消費税問題で分裂
 
・ 猛威をふるうようになった安倍政治。政治主導と反知性主義が結びついてしまっている
・ 立法事実なき安保法制
・ 政党を支える政治的基盤の欠如した日本

・ 9条の訴求力。平和。立憲主義。市民レヴェルでの民主主義の再生
・ 戦後デモクラシーの主体のバトンタッチ――新しい政治文化の出現
・ 立憲政治を守る様々な運動の提案――民主主義を担う市民を,どうつくるか。野党結集はできるのか
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「安倍みたいなの」が増殖する2015年師走 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる