銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 同時テロと「対テロ」戦争(1/2) パリ2015年11月13日

<<   作成日時 : 2015/11/17 01:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 テロはすでに犯罪として位置づけられるのではなく,戦争と同義であるのか。
 「自衛として」の戦争であっても,現実には際限のない殺人と破壊は世界からなくなりはしない。
 よって憲法解釈として個別自衛権の容認が論理的に整合性を持つとしても,だから自衛戦争は仕方がないのだという認識を持つことを,私はためらう。

 パリ 2015年11月13日 同時多発テロ。
 その後すぐ,ISの拠点だとしてシリア北部ラッカを,フランスは過去最大規模で空爆。
 そして,国連ではなく,G20で,首脳宣言とは別に「対テロ声明」が発表され,オバマ米大統領がパリ同時多発テロを「文明世界への攻撃」と非難したと報道される。

 フランスも,G20も,同様の道を歩むのか。

 忘れもしないあの2011年9月11日。
 ノーム ・ チョムスキーはアメリカの「対テロ戦争」を批判し,国家暴力の制限を緩める意味についてインタヴュに答えて言う。


 「ほぼあらゆるテロ行為には一部の理も認められない。
 けれど,アメリカにも有志国にも「正義や文明」を掲げて子どもを含む一般の人々の殺人をする攻撃を仕掛けることもまた,許されない。」<※ p.101>

 そして,イラク戦争以前にも「自由」の国アメリカでは世界各地に空爆をくり返してきている。たとえば1983―1984年 ニカラグア空爆。
 このニカラグア侵攻でアメリカは,1986年に国際司法裁判所から有罪判決を受けた。人道に対する罪=ジェノサイド。

 ノーム・チョムスキーは,米国の正式文書に定義されている通り「テロリズム」を理解すると言う。


 「政治的、宗教的、あるいはイデオロギー的な目的を達成するため、暴力あるいは暴力の威嚇(いかく)を、計算して使用すること。これは、脅迫、強制、恐怖を染み込ませることによって行われる」 <※ p.101>

 記者の質問
 「 コーリン・L・パウエル国務長官が米国政府はテロリズム法規を改訂すると述べた。EUはテロリズムに新しい法を適用しようとしている。テロに対する応答は、われわれの自由をどのように制限することになるのか。」
 <※ p.80> これに,チョムスキーは以下のように答える。

 「1987年12月 国際テロに対する懸念が頂点に達したとき、国連総会は重要な決議をした。最も強い言葉でこの悪疾を非難し、その克服にすべての国々が強力に行動することを呼びかける決議である。決議は153 対 2 ( 米国とイスラエル )で通過した。棄権はホンジュラスのみ。米国の気に障った個所は「本決議のいかなる条項も、いかなる方法によっても、力ずくでその権利を奪われている諸民族の、とりわけ植民地及び人種差別主義者の政府の下や、外国の占領その他の植民地支配の下にある諸民族の、国連憲章に由来する自決権、自由と独立を傷つけることはできない。また、[ 国連憲章及び国際法のその他の原則に従い ] これらの諸民族がこの目的のために戦い、支援を求め、受ける権利を害(そこな)うことはできない」と述べている部分である。こうした権利は米国とイスラエルには受け入れられない。あるいは、当時、彼らの同盟国だった南アフリカにも。アフリカ国民会議は、「テロ組織」だったが、南アフリカは「テロリスト国家」としてキューバその他に加わっていない。実際には、米国政府の「テロリズム」の解釈が通り、その結果重大な人的被害が出ている。
 いまテロリズムに反対する総括的条約を作ろうという話が盛んだが、これは小さなことではない。報道は注意して避けているのだが、米国は1987年の決議の気に障る件(くだり)のようなものは一切受け入れないというのがその理由だ。米国の同盟国も、「テロリズム」の定義が米国法典やマニュアル類にある公式の定義にあるものは受け入れないだろうし、受け入れるとすればいくらか手直しをし、強国とその顧客(クライアント)国家のテロを除外するときに限る。」<※ p.81
 上記引用の下線強調は,このメモのみ by レイナ
画像

<※>
ノーム・チョムスキー 
『 9.11 アメリカに報復する資格はない! 』
山崎 淳 訳

2001年12月20日 第3刷(第1刷は同年11月30日)文藝春秋刊 
買ったとき 定価1,190円(1,134円+税5% 56円)

◇ 国連総会 決議
1987年12月7日
国連総会 決議番号 A/RES42/ 159

国際テロリズムを予防する手段、テロリズムの背景にある政治経済的要因の研究 テロリズムを定義し、それを民族解放闘争と区別するための会議の開催

Resolutions Adopted on the reports of the Sixth Committee
http://www.un.org/en/ga/search/view_doc.asp?symbol=A/RES/42/159
Measures to prevent international terrorism which endangers or takes innocent human lives or jeopardizes fundamental freedoms and study of the underlying causes of those forms of terrorism and acts of violence which lie in misery, frustration, grievance and despair and which cause some people to sacrifice human lives, including their own, in an attempt to effect radical changes

General Assembly ー Forty-second Session
http://www.un.org/en/ga/search/view_doc.asp?symbol=A/RES/42/15

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただき有難うございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ その他
G20
米,加,英,仏,独,伊,EU,露,中,日,韓,濠,印,ブラジル,メキシコ,南ア,インドネシア,サウディアラビア,トルコ,アルゼンチン


http://news.yahoo.co.jp/pickup/6180999
G20首脳会合、対テロ協調確認 特別声明発表へ

http://jp.reuters.com/article/2015/11/16/france-shooting-is-idJPKCN0T504T20151116
International | 2015年 11月 16日 12:21 JST
フランス軍、「イスラム国」拠点を空爆 同時攻撃受け最大規模に

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同時テロと「対テロ」戦争(1/2) パリ2015年11月13日 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる