銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS ハラウィーンは「菓子出し」で経済効果。新刊本は「貸し出しやめて」売れるって?!

<<   作成日時 : 2015/10/29 16:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ いちおう クソ 彼奴(きゃつ) 厄 

 「 実証的なデータがあるわけではない 」 と言いながら,
 「 発売から一定期間,図書館での新刊本の貸し出しをやめる 」 とかヘンなことを言い始めた新潮社や作家たち。(※)

 ある人に貸し出されてからその人がやっぱりその本を買ったという統計は取れないから,こんな話になるんだろうか。

 新刊本を買うかどうか迷っているとき,立ち読みにだって限度もあるし,書評をいくら読んでも期待外れのことは多過ぎるし,とりあえず図書館で借りてみる。だから私には,図書館で新刊を借りてから,やっぱり買うことにした本なら山ほどある。
 あと,新潮文庫とか新潮社の本にはスピン(しおり紐)がついているから買うということは私にはよくある。

 紙の本の出版不況と言うが,“無駄”かもしれない文化的営みが低調になるのは単に「不況」が原因だろう。
 「不況」というのは,労働所得の伸長が望めず労働所得以外に収入を見込めない若者を中心にしたほとんどの層にとって将来的に不安定な生活が確定した今の日本の経済社会のありさまを言う。
 意味不明な「アベノミクス」
 「税と社会保障の一体改革」とは,増税と及び社会保障費の大幅カットだったという事実を言わない大マスコミ。

 いちおう クソ 彼奴(きゃつ) 厄。 じゃなかったっけ。
 自民の新ポスターが「経済で,結果を出す」。で,下部にこの実に不評なコピー「一億総活躍社会へ」
 正直言って,もう活躍する時代は終わった感じの方々のアイドルだったらしいタレントを「国民会議の民間議員」に起用した時点で,もう結果は出てるんじゃないの。

 沖縄だけではなさそうだ。安倍政権の政策に隷従する奴らには補助金拠出など。
 大企業はじめ原発や軍需産業とその儲けにあやかった投資家のために,対外援助を惜しまないバラマキ。
 たとえば日本がインドネシアに高速鉄道を売り込めなかった失敗の原因は,専門的な見解でも技術面の問題ではないとされている。
 要するに,共生の理念など端からなくて国際関係を構築しようとすることが原因なことぐらい,誰しも分かろうということだ。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただき有難うございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


§§ 長谷部 恭男 教授 「 国家理論の根幹にかかわる疑問」とは「一見トッポイ疑問」

 25日にメモした「SEALDs 選書プロジェクト 15選書」。
 これ,実はあまり魅力的とは言えない並べ方だなというのが私の感想。
http://4472752.at.webry.info/201510/article_24.html
自民「改憲案」に「人権」の文字はあっても,正体見たり生命軽視
§§ 書店も私大総長も,何考えてんだか


 W・シェイクスピア 『ハムレット』 とか H・ヘッセ 『車輪の下』 とか H・M・エンツェンスベルガー『スペインの短い夏』 とか,そういうのは1個もないのは運動の性格上しかたないのだろうかな。

 さてタイトルを見て即買わないでおこうとしたのを後悔した本は,憲法学者 長谷部 恭男教授の『 憲法と平和を問いなおす』


p.203〜206 あとがき
p.204 8行目〜
 以下のようなかなりトッポイ疑問のうち、いずれかがいままで一度でも心に浮かんだ方には、向いているのではないかと考えている。

 @ 国家はなぜ存在するのか。国家権力になぜ従うべきなのか(それとも従わなくてもよいのか)。
 A 人が生まれながらに「自然権」を持つというのはいかにも嘘臭い。
<以下,省略>

 ほら,気になりますよね。この続き。ぜひ買ってきて読むしかないでしょ。意外にも思えるけど,「国家理論の根幹にかかわる疑問」とは「トッポイ疑問」なんだね。この言葉,友だちは辞書で調べたりしてたけど,ちょっと不良っぽくてキザったらしいみたいな感じかな。

長谷部 恭男 『 憲法と平和を問いなおす』
ちくま新書
 2013年5月15日第9刷(初刷は2004年月10日)
(740円+税8%)800円

画像


(※)朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/ASHBW64R4HBWUCVL01B.html?rm=918
本が売れぬのは図書館のせい? 新刊貸し出し「待った」
10月29日(木) 5時 16分配信

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハラウィーンは「菓子出し」で経済効果。新刊本は「貸し出しやめて」売れるって?! 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる