銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理自らが,日本の“政治”を終わらせるのか

<<   作成日時 : 2015/09/04 15:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 自民党政治が終わりに近づいた2015年9月4日

 アメリカを“オモテナシ”しなければ,またマズイことがあるとでも言いたげな現政権のやり方。
 自民党議員たちは国民の代表としての国会議員であることをやめていると見える。総裁選も無投票と報道される。
 しかも,今日4日(金)昼12時40分,安倍総理が大阪にある民放テレビ局に着き,午後3時ころからワイド・ショーに生出演中とか。

 1日あたり3億円の経費が必要だという国会。
 参議院の平和安全法制特別委員会は「戦争法案」審議中で,ところが,それさえも公共放送での中継は,されていない。
 多くの国民も仕事中の時間帯に,ヴァラエティ番組に「大所高所からの意見を求められて」行ったのか?!
 まともに批判するのさえ馬鹿げている。

◇ 関連
http://4472752.at.webry.info/201508/article_22.html
2015/08/22 00:36
安倍総理,態度悪過ぎ。「戦争法制・特別委員会」
答弁する気さえない


§§ デモが「暴力」でどこが悪いか

 「ふつうの生活者」が持たされてきた街頭行動やデモや集会のイメージを,やわらげようとしてなのか,「非暴力的」で「非政治的」であることを強調し,日本に「民主主義を根付かせよう」というのであれば,それはそれで,わずかだが大衆蔑視の臭いを嗅ぎつけるに十分だと私は考える。
 だから,報道の姿を借りた「憲法守れと言っているのに,交通法規を守らず道路に広がってしまった市民」のような,アホらしい“からかい”が蔓延する。
 哲学はおろか,思考の足跡さえなくて世論誘導など簡単だと,いったい誰が考えているのか。

§§§ 選挙制度の抜本改革は被選挙権年齢20歳と供託金ゼロ

 情報の「非対称性」という言葉を嬉々として使ったりしては,現実にある目に余る不平等を固定化することに無自覚な,まずしい心根を隠さない“インテリ”なみなさん。「格差」はあっていいと言う,恥ずかしい本性を隠さない“リッチ”なみなさん。こういう無責任なみなさんのために政治は行われているんでしょうかね。

 市場原理からは,個人,個人を分断すれば,するほど,「資本」にとっては好都合なことは自明だろう。

 何度も言っておく。
 被選挙権を20歳にして選挙供託金を先進国並みのゼロから10万円以下にしろ。
 いささかでも現在の「高学歴・高所得層」の都合に合わせた政治は変わる。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただき有難うございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 追記 2015/09/04 20:05
 安倍総理は,わざわざ「総理不信任・提出を期待」しておかしなマネし始めたのだろうか。国会を「サボった」わけでないと屁理屈を言う奴らが後を絶たないので,以下参考にして考えたほうがいい。 レイナ

http://bylines.news.yahoo.co.jp/watanabeteruhito/20150904-00049170/
安倍首相、法案審議を放置して法案をテレビで説明?
渡辺輝人
弁護士(京都弁護士会所属)


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安倍総理自らが,日本の“政治”を終わらせるのか 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる