銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS §18歳飲酒喫煙ギャンブル解禁 §§五輪エンブレム狂想曲 §§§政治の劣化 ・ 大阪市長

<<   作成日時 : 2015/09/02 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 選挙権年齢に合わせ18歳の飲酒・喫煙・ギャンブルの解禁

 きのう転載の哲学者・田島正樹教授の論考にある

 もはや安倍政権は、戦後政治・外交で先人たちが築き上げてきたものをすべて台無しにしている

 時局的ゴシップや事情通から仕入れた小ネタを散りばめて、自説を補強しようとむなしい努力をしている。しかし、このような情報を教養と思い違いすることが、すでにして教養のなさそのもの


 政治の劣化を言うなら,初等中等教育での人格形成を本質的に始めるしかないわけで,その1つとしては国立大学のリベラル・アーツ縮小などもっての外と,私は危機感を持ってきた。
 社会,私たちの構成する共同体にとって「観念的」に見えようと「カネにならなそう」に見えようと,ほんとうに将来の伸びしろを言うなら,とりわけ学問の分野での「役に立たなそう」に見えることこそが豊かさをもたらしてきた歴史を,今さら言うしかないのか。

 また作家 ・科学ジャーナリスト・数学者である本田成親の言葉

 「役に立つ」という言い方は、そもそも過去の経験の中からしか出てこないのです

 科学や技術における成長や発展とは,過去の「旨くいった」経験と発想だけに頼っていては,まったくあたらしいものは生まれようもない。このことは例証する必要がないだろう。

 現政権のやり方の無謀さは「安保法案」に限ったことではない。
 だから,選挙権年齢に合わせての「18歳の飲酒・喫煙・ギャンブルの解禁」とは,下世話には,少子化に合わせた納税者の増員とさえ見える。どっちにしろ「戦争法制」先行で,徴兵にも都合の良い法改正から手をつけ始めているのも明らかだ。
 では,選挙年齢だけでなく被選挙権も20歳にして,選挙供託金を先進国標準のゼロか十万円以下にするがいい。むしろ政治家の劣化は止まるだろう。
 ついでに言えば「女性輝く」などとホザクなら結婚年齢の男女差別をなくしてからにしろ。

§§ 東京五輪2020エンブレムデザイン狂想曲
(その2)暴徒化する大衆


 東京五輪にはあまり興味がない私からしても,あの代々木体育館(国立代々木競技場)がさっさと解体撤去されたことは,腑に落ちない感じがあった。
 そして新国立競技場の建設をめぐるたくさんの不備。森喜朗会長はじめ組織委員会の無責任な発言や,すでに無駄に巨額の税金を浪費しているやり方を招いていることを見るにつけ,アスリートたちの継続の努力をも軽んじられているのではないかと,いささか嫌な感じに襲われている。

 デザイナー・佐野氏の仕事に多く安易な剽窃が含まれていたことは本人も認めたが「エンブレム自体の模倣や盗作は断じてしていない」と言っている。
 ネットで高校生が「エンブレム取り下げろ・署名」を集めたり,ウェブ上で相当数の「あれもこれも盗用疑惑」が渦巻いた。ご本人やご家族に不要な中傷も続けられていたようだ。
 ベルギーのリエージュ博物館ロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏の怒り腹立ちも理由のあることだろうが,それでも,佐野氏を寄ってたかって攻撃することのほうが,よほど恐ろしいことだと私は思う。

 土豪劣紳と見えたのか,民間人で,権力者でもないデザイナーが,ふだん色々テキトウなやっつけ仕事で経済的な大成功を収めていたとしても,個別のそのデザインについて,他もそうだったからという理由で盗用だと騒ぎ攻撃することには,「考えない大衆」がいわば暴徒と化したときの恐怖を見るしかない。

 証拠が明確に提出されているわけでもなく,本人が否定しているとき,それを類推と雰囲気だけで「裁こう」とする恐ろしさを言うしかない。法界悋気の気分が人びとに蔓延している,点と点だけのウェブ環境。

  向こうにまだ見えた代々木体育館 2014年07月03日 19時15分
画像


§§§ 野党共闘イメージを薄めたいだけの「大阪維新」の大騒ぎ報道は政治の劣化を助長する

 野党共闘イメージを薄めたいだけか「大阪維新」の大騒ぎをわざわざ大きく扱うマスコミ。
 来週9月14日(月)以降成立予定で調整されている「安保法案」。
 これに反対する大きな世論と,報道を盛り上げないためになら,多くの興味を引きそうなトピックをバラまいているのだと,穿った見方をしてもいい。
 自民に擦り寄る「大阪組」の離党とか「新党結成」とか橋下市長や松井知事が騒いでいる「分裂劇」とは,野党結集のイメージを薄めるためという意図があってか。
 何しろ大ウソツキ市長,三百代言野郎だということに変わりはないが,政治自体を劣化させたい心因でもあるのだろうとしか見えない。自民党の「不安」に付け込んでいるつもりが,次の選挙では自らが墓穴を掘ることになるだろう。

 引き続き野党共闘することの意味は,政治の劣化を止めることでもあるという,何だか80年遡ったかのような危なっかしい今の状況。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただき有難うございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


◇ 参考と関連

南勢出版
http://www.nansei-shuppan.com/wp/

http://4472752.at.webry.info/201509/article_1.html
2015/09/01 00:14
哲学者 田島正樹教授 「井上達夫氏の新著と憲法論」 全文転載

http://4472752.at.webry.info/201508/article_13.html
2015/08/13 02:11
§文民統制なき自民党 §§東京五輪2020エンブレムデザイン狂想曲

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
§18歳飲酒喫煙ギャンブル解禁 §§五輪エンブレム狂想曲 §§§政治の劣化 ・ 大阪市長 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる