銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪維新の「ブランド」とは,前言撤回するバカ騒ぎのことか

<<   作成日時 : 2015/08/29 02:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今週の小沢一郎代表・定例記者会見(※)がウェブサイトに掲載されているので読んだ。少しだけ感想。

(1) 安全保障の本質とは,国民の信頼を得ている政府が,いかに的確な判断をして有事に対応できるか

 現在政府の提出している「安全保障法制」が心許無いだけでなく,たとえ法律がどれほど万全に近いものだろうが,現実の「最終的な判断は時の政府が行う」
 政治では,とりわけ有事の際に「国民の信頼を得ている政府が,いかに的確な判断をして対応できるか」という本質を知る小沢一郎代表。

(2) 自公は,次期選挙ではますます支持を減らすはずだ

 盛岡市長選挙。公明党が支持して4選された谷藤市長は2011年8月選挙では無投票当選。今回の投票率は51.45%。
 今の霞が関一極集中の制度のままでは,野党が結束して地域政治に対する主張を打ち出すことは,実は難しいという問題が根底にあるだろうと,私は思う。
 自治体によっては10万円の券で12〜13万円分の買い物もできるらしいが,盛岡市では「地域振興券」という呼び名で,都内ではだいたい「プレミアム商品券」と名づけられていたバラマキ政策。都内では結局は大手スーパーなどで使われ地域振興に繋がらないと言われているし,私のように特定の時間帯に並んで買うことのできない市民には何の恩恵もない。
 不公平な税金のバラマキで有権者を誤魔化したい,いつもの公明党だが,恥ずかしげもなく宣伝している自治体が多い。

(3) 大阪維新の「ブランド」とは,前言撤回するバカ騒ぎのことか

 小沢一郎代表はほとんどまったく「悪口」というものを言わない。
 なので,ここは私は市井にある者として怒りをぶつけておきたい。

 ウソツキなのか人をバカにしたいのか。
 「政治は辞める」と言った。橋下・大阪市長。
 国政政党を視野に年内に新党「維新はもう関係ない。大阪維新のブランドでしっかりとした野党を作る」だって。前言撤回するバカ騒ぎが政治だとでも思っているのか。
 このまま続けさせれば,安倍総理以上に危険なやり方で,市民だけでなく国民までをも翻弄するだけだ。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
8.30 国会包囲デモ
午後2時〜
全国100万人で
安倍・安保法制にNO!

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


(※)
生活の党と山本太郎となかまたち
http://www.seikatsu1.jp/
http://www.seikatsu1.jp/activity/press/20150828.html
「安保法を作っても国民を守れない」朝鮮半島情勢を受けて、小沢代表
小沢一郎代表 定例記者会見(2015年8月25日)


◇ 参考
盛岡市長選挙
当日の有権者数  23万8902人
投 票 者 数   12万2924人
投  票  率    51.45%
谷藤 裕昭(ひろあき) 6万8583票 28.7%
内舘 茂(しげる)    5万1930票 21.7%
盛岡市

http://www.city.morioka.iwate.jp/senkyo/oshirase/033781.html
平成27年8月23日執行 盛岡市長選挙

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログへ
お読みいただき有難うございます
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大阪維新の「ブランド」とは,前言撤回するバカ騒ぎのことか 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる