銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 公務員賃金を削減して公務員数を増やすという提言でもしてみるかな

<<   作成日時 : 2015/04/05 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の続きのメモ。 
 「日本はXXX国ほど格差はないはずだから...」 という曖昧な風説を流布しては 国内の格差を覆い隠している大マスコミなどに,むしろ大きな悪意を感じているのは私だけではないだろう。
 拡大する貧困層と,挙げ句,生活保護費申請で多くニュースになっているが 社会保障制度の窓口で「追い返すやり方」が,先進国ニッポンで平気でまかり通っていることこそ,恥じるべきだ。
 これだから,民主主義が機能しなくなる。
 で,あの「社会保障費の大幅削減」を常に提唱する日経論説委員・平田氏でさえもトマ・ピケティ教授の 「政府は率先して公務員の賃金を上げるべきだ」 (日経紙2月1日付) という発言には戸惑っていたくらいだ。(※1)

 これは驚きのご託宣。日本では人事院が民間給与を参考に公務員給与を勧告する。参考にするのは従業員50人以上の企業だけ。このため「公務員給与は高すぎる」との批判が根強い。
 フランスの学者に日本の人事院のやり方を知れというのも酷だが、財政難の折に進んで公務員の賃上げをという意見には戸惑う。


 現在の日本の公務員の賃金は,多くの地方都市で市民の平均賃金の2倍ほどになるだろう。
 国家の財政難だけでなく,地方の財政も圧迫している公務員賃金の値上げなど,日本では笑ってしまう結論でしかない。
 ただし,ヨーロッパ並みに公務員の賃金を抑制して,しかし公務員数は増やす。 例えばワーク・シェアリングの1形態を言うなら,オランダのような形式を取り入れる。 公務員は週休3日で夫婦がゆったり子育てしながら職を得ている状態。 公務員雇用が,ある種の雇用の受け皿になるという発想にかえればいい。

 それでは,以下,興味深いお金の話し(※2)をご覧あれ。

にほんブログ村 政治ブログへお読みいただき有難うございます
ブログランキング・にほんブログ村へ


日雇労働者の賃金
1969(昭和44)年   1,604円
1980(昭和55)年   6,550円
1993(平成5)年  11,710円
資料提供 労働省 政策調査部

国家公務員の賞与
1969(昭和44)年 139,500円
1980(昭和55)年 497,840円
1993(平成 5)年 949,760円
資料提供 東京都人事委員会 大学卒の国家公務員の初任給から算出した年間の支給額。国家公務員 甲種 上級職試験合格。大蔵省発行「公務員給与便覧」

週刊誌
1969(昭和44)年6月号   70円
1980(昭和55)年6月号  200円
1993(平成 5)年4月号  280円
資料提供 朝日新聞社出版刊行部調べ 「週刊朝日通常号の定価。



ピケティ講義 ・目次
http://4472752.at.webry.info/201502/article_22.html
トマ ・ ピケティ 『21世紀の資本』 講義Eテレ放送分

2015/01/13 19:42
http://4472752.at.webry.info/201501/article_13.html
労働所得の高い不平等化
第1回 トマ・ピケティ 『21世紀の資本』 (1/3)
2015/01/14 01:56
http://4472752.at.webry.info/201501/article_14.html
不平等の拡大 : 資本主義の基本法則 
第1回 トマ・ピケティ 『21世紀の資本』 (2/3)
2015/01/14 20:22
http://4472752.at.webry.info/201501/article_15.html
長期にわたる富の所有の不平等
第1回  トマ・ピケティ 『 21世紀の資本 』 (3/3)

2015/01/18 17:10
http://4472752.at.webry.info/201501/article_19.html
格差とは不平等を固定化するための用語。貧困とは字義どおり貧しく生活が苦しい状態のこと
第2回 「所得不平等の構図」〜なぜ格差は拡大するのか〜(1/3)
2015/01/19 14:28
http://4472752.at.webry.info/201501/article_20.html
どの時代も極端に集中しがちな資産所有と,近年のアメリカ労働所得の不平等
第2回 (2/3)
2015/01/20 12:40
http://4472752.at.webry.info/201501/article_21.html
超富裕層が政治にも大きな影響力を持つ
第2回 (3/3)

2015/01/27 00:31
http://4472752.at.webry.info/201501/article_28.html
教育の機会均等については,どの国も偽善的な面が多々ある
第3回 「不平等と教育格差」労働所得の不平等はなぜ起きるのか(1/3)
2015/01/28 01:44
http://4472752.at.webry.info/201501/article_29.html
所得下位層が沈み込んだアメリカ,最低賃金が最安の日本
第3回 (2/3)
2015/01/28 12:40
なぜ,きわめて最上位層への所得集中による不平等は起こるのか
http://4472752.at.webry.info/201501/article_30.html
第3回 (3/3)

2015/02/04 21:46
http://4472752.at.webry.info/201502/article_6.html
どれほど所得不平等が大きいと言っても,資産の不平等には遠く及ばない
第4回 「 強まる資産集中 〜所得データが語る格差の実態〜 」(1/3)
2015/02/05 14:33
http://4472752.at.webry.info/201502/article_7.html
第1次大戦以前に起きた資産の極端な集中は,現代と同じだった
第4回 (2/3)
2015/02/05 16:16
http://4472752.at.webry.info/201502/article_8.html
資産集中の変化の重要な部分を説明する「ランダムショックモデル」
第4回 (3/3)

2015/02/09 16:53
http://4472752.at.webry.info/201502/article_11.html
不平等を測る指標 : 相続資産の実態 ・ 生前贈与が格差を大きくする
第5回 「世襲型資本主義の復活〜19世紀の格差社会に逆戻り?〜(1/3)
2015/02/10 17:41
http://4472752.at.webry.info/201502/article_12.html
世界資産の億万長者への集中度100%になることが,理論的に想定できる
第5回 (2/3)
2015/02/10 23:29
http://4472752.at.webry.info/201502/article_13.html
スケール・メリット : アメリカ大学基金 大規模な金融資産の運用の実態
第5回 (3/3)

2015/02/16 01:52
http://4472752.at.webry.info/201502/article_19.html
将来起こり得ることの1つは強い不平等/大規模な資産投資ほど収益率が高い
第6回 「これからの資本主義」〜再分配システムをどうつくるか〜 (1/3)
2015/02/16 23:28
http://4472752.at.webry.info/201502/article_20.html
富裕層による資本主義の私物化が行き過ぎた不平等と政治経済の不安定をもたらす
第6回(2/3)
2015/02/17 16:35
http://4472752.at.webry.info/201502/article_21.html
根本的に理想的な税制は,累進的な資産課税
第6回 (3/3)

(※1)
日経Web刊 2015/3/2  3:30
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83812500Y5A220C1TCR000/
ピケティさんの教え、日本への処方箋に違和感(核心)
本社コラムニスト 平田育夫

(※2)
『 戦後値段史年表 』 週刊朝日編 朝日文庫
1996年 5月 20日第 3刷 発行
買ったとき定価450円(本体437円+税3% 13円)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
公務員賃金を削減して公務員数を増やすという提言でもしてみるかな 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる