銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本政府は本気で「イスラーム国」と交渉する努力をしていなかったのか

<<   作成日時 : 2015/01/25 01:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「日本から取れるものなど金以外にない」という侮りの感情だけなら,いかようにも甘受できただろう。

 この期に及んで 「テロに屈することなく」 「世界の平和と安定に向けて」 と会見する安倍総理は,国民は見殺しにするという立場を表明していると見えるのではないか。
 けれど,報じられているとおりに,もしも 湯川遥菜さんを助けられず,殺害されたのだとしたら,助けることができなかった湯川遥菜さんのためにも,政府は,内閣は,後藤健二さんを助けてください。

 「要求」がますますエスカレートするのであれば,普通の生活を送る私たち国民には,為す術もない。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

jijicom 時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015012500001&rel=top01
後藤さんとみられる画像投稿=ヨルダンでの受刑者釈放要求
 過激組織 「イスラム国」 に拘束された後藤健二さんとみられる画像が24日、ツイッター上に投稿された。投稿は英語で 「私は後藤健二」と名乗る音声で、同じく拘束された湯川遥菜さんが殺害されたと述べるととともに、首が切断された人物と思われる写真を掲げている。写真の真偽などは明らかでない。
 また、ツイッター上のメッセージによると、イスラム国はヨルダンで拘束中のイラク人の女、サジダ・アルリシャウィ受刑者の釈放を要求している。 アルリシャウィ受刑者は2005年、ヨルダンの首都アンマンで起きた同時自爆テロで、夫と共に自爆しようとして失敗した。

(2015/01/25-00:26)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本政府は本気で「イスラーム国」と交渉する努力をしていなかったのか 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる