銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「イスラーム国」の身代金要求/経済強者の論理に本当の危機感を持てるか

<<   作成日時 : 2015/01/22 14:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

∇ 安倍政権は,国内での人権意識の希薄および「テロ行為」と見做すべきいくつかの事件についてあまりに寛容である上に,憲法第99条に規定している憲法遵守義務を否定した「集団的自衛権行使の閣議決定」と相俟って,戦争とテロに突き進む日本という危機感が形になっている。
 安倍総理が中東歴訪をし紋切り型の「テロとの戦い」を強調する。しかし,「経済強者の論理」に沿うように策定された政策であれば「ホロコースト記念館でのスピーチ」など,外交の便宜的な手段として行なったとしか思えない。


日本国憲法 第十章 最高法規
第九九条
【 憲法尊重擁護の義務 】
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


∇ 中東の和平の見通しについて,日本政府は経済政策以外で重視している部分は少ないだろう。
 民意の多くが原発輸出に賛成しているとは考えにくい。そもそもの民意が反映されていない政府与党の政策について,複合的な意見の集約をできない知識人が多過ぎる。
 おおまかには,経済合理性では「平和」のほうが優るはずで,各国のテロ対策費用は高くついているだろう。

∇ 昨年 2014年 4月 18日(金)「トルコ,UAEとの原子力協定の承認」
 これに対する参議院でのそのときの各党の賛否は,以下のとおり。


賛成 : 自民・民主・公明
反対 : 生活・維新・社民・共産・結い・みんな


 新たな代表が決まった民主党は,原発輸出などについては自民党とあいかわらず大差はないのだろうか。
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

にほんブログ村 政治ブログへ

∇ 安倍政権の大きな特徴は,簡単に言えば「経済・強者の論理」。 日本では多くが「経済強者の論理」に本当の危機感は持っていないかに見える。
 シリアでの日本人拉致・殺害予告について,それが 『アラブ諸国では日本は「金だけ」』 という「侮りの感情」「根深い感情」と池内恵氏(※)が記述する部分が一般的な実感なのか学問的な分析なのか,私は分からない。


(※)『中東・イスラーム学の風姿花伝』
http://chutoislam.blog.fc2.com/
池内 恵(いけうち さとし 東京大学准教授)
「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ
2015/01/20 20:55


∇ 日本では財政再建と言うとき,なぜか社会保障費の増加だけを「悪者」にしている印象は,とても強い。
 実体経済を蹴散らして不平等を決定づけている超金融資本主義では,果たして“努力した人間が報われる”という論理は通用するのか。
 また,すでにサイバー空間での情報戦は近現代の国家間戦争の形を変えているだろう。
 核兵器の脅威自体が失われているわけではないが,テロリストたちのあの地味な武器が本当はどこから調達されているのか。
 いわゆる近現代の〈国家〉間戦争。それ以降の〈非国家間〉戦争。
 丸腰の私にとっては,どちらの戦争もいい加減にしてくれとしか言えないものだ。

∇ 今の日本の経済がそれほど順風満帆であるわけはない。
 おそらく短期・中期的にはまったく決め手に欠ける「原発事故対応」にしても, 「下位層」から税金をむしり取って実現できるかは,あやしい。
 発効した『特定秘密法』のせいかどうか,メディア全体には薄っすらとその場その場でディフェンドするだけの姿勢が色濃くなっている。いったい何からのディフェンドなのか。一面を言えば,どの人にもそれぞれ守るべき生活があるということでしかないのだけれど。

∇ 経済格差と使われる「格差」という語について。
 「格と」は,古代・中世の身分制や位階制が当然であるとする「共同幻想」の成れの果てを内包した言い方ではないのか。
 社会的勢力であった「寺」を破壊し,「仏教信仰」と「無神論」的なアニミズムを湛えた 宗教観を下位に置き,唯一絶対神の存在を基礎にした西欧型「立憲君主制」国家の形を選んだのが明治維新だったろう。近代西欧型国家を形成する「革命」ではあったが,このとき「神社」は「格」差での序列も明確にした。世間の心的構造を天皇制へと誘導することでの日本の近代化という歴史は,まだ強い関心を持って説明されているわけではない。

画像

  ワンコのいる夕暮れの街 Jan 20 2014

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「イスラーム国」の身代金要求/経済強者の論理に本当の危機感を持てるか 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる