銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS “ 国益を失ってしまっている現在のエスタブリッシュメント ” 内田 樹 氏

<<   作成日時 : 2014/11/08 02:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

立憲デモクラシーの会 公開シンポジウム
「国家は何を守るのか――グローバル化と戦争」

11月7日(金)18時半〜21時
早稲田大学8号館106教室
参加者500名弱

画像


開会の言葉
山口 二郎 (法政大学・政治学)
 
画像


基調講演
内田 樹 (凱風館・館長)
「資本主義末期の国民国家のかたち」

画像


パネル・ディスカッション
「戦争と女性」

画像

三浦 まり (上智大学・政治学)
浜 矩子 (同志社大学・経済学)
岡野 八代 (同志社大学・政治学)
青井 未帆 (学習院大学・憲法学)

画像


閉会の言葉
齋藤純一 (早稲田大学・政治学)

画像


 以上,敬称略。
 11月7日 立冬。満月 月齢14.2。
 眠たい...シンポジウムのメモは,明日以降に...って,もうとっくに8日になってる。

画像


◇ 追記と参考
 2014/11/08 14:15 閉会の挨拶をされた齋藤純一教授の写真を追加しました。


立憲デモクラシーの会
http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“ 国益を失ってしまっている現在のエスタブリッシュメント ” 内田 樹 氏 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる