銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「美濃加茂市事件」は最悪の検察不祥事か 【1/2】

<<   作成日時 : 2014/10/29 15:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「美濃加茂市事件」は最悪の検察不祥事か【1/2】
 化けの皮が剥がれた「三流推理小説」以下の検察の立件と証人


ニュース・コメンタリ―(2014年10月25日)
http://www.videonews.com/
主張すべきことは主張できたと思う

藤井浩人氏・郷原信郎氏 : 主張すべきことは主張できたと思う・被告人質問を終えて藤井市長が生出演
【2014年10月25日】 2014/10/25 に公開

http://www.youtube.com/watch?v=Vy1-7FgTpsI#t=14
28:01 文字起こし。
読みやすくするため若干文章を整えました


【1/2】00:00〜15:24

神保哲生
 今日は名古屋にお邪魔しています。 以前にも一度名古屋からお送りしたんですが,美濃加茂市長の藤井浩人さんが市議の時代に30万円の収賄という容疑で逮捕されて,その公判が名古屋地裁でずっと続いています。
 ヴィディオ・ニュースでは 節目節目で何度か状況をお伝えしていますし,弁護人の郷原信郎さんにもインタヴュをとらせていただいてお伝えしています。
 今日ちょっと 1つの大きな節目と言ってもいいのかもしれませんが,今回は藤井「被告」という身分になるわけですが藤井さんの証人尋問というのがありまして,今日それが終わりましたので,ここまでの 見えてきた問題点とか,どういう状況にあるのかってことを整理したいと思って,実は今日朝から 1日公判があってお疲れのところを無理にお願いして,藤井さんと郷原さんに来ていただきました。まず,ご紹介します。今回「被告(人)」の立場になられてる美濃加茂市長の藤井浩人さんです。藤井さん,よろしくお願いします。(礼)

藤井浩人 美濃加茂市長
 よろしくお願いします。(礼)

神保哲生
 弁護士の,元検事の郷原信郎さんです。よろしくお願いします。(礼)

郷原信郎 弁護士(藤井市長の主任弁護人)
 よろしくお願いします。(礼)

神保哲生
 今日朝からずうっと(公判で)午前中に弁護人からの質問で,午後は検察からの質問で,それで裁判官からも質問ありましたけれども,1日被告質問を終えて取り敢えず今どのように感想を持たれていますか。

藤井浩人 美濃加茂市長
 初日を除いては,今まで裁判で話す機会がなかったので,私も早く自分の主張と言いますか自分の話がしたいなと思っていました。実際,今日が近付くにつれて,かなり緊張もしましたので。でも今日,裁判の中で自分の記憶の限り話しがしっかりできたんじゃないかなというところで,またこれから裁判を見守っていきたいという思いでいます。

神保哲生
 今日は,弁護側と検察側と両方から質問を受けたんですけど,とくに検察側。それこそ拘留されてるときに,62日間もね,藤井さん拘留されて,検察から取調べを受けて以来の検察からの尋問と言うか質問という形だったわけですけれども,今日はいかがでしたか? あれ以来の検察とのやり取り,何か違いはありましたか。

藤井浩人 美濃加茂市長
 違いと言うとあれですけど,取調べのときの内容が凝縮された感じかなと。取調べのときに聞かれなかったことはとくに今日は聞かれなかった。
 ですけれど前と違うのは,やはり資料があったりとか,私も保釈されて外に出て色々な情報と照らし合わせることができた上で今日は話しができたので,当然前とは状況は違いましたし,今日はしっかり話しができたかなと思っております。

神保哲生
 成程。 そこのところも今日ぜひお伺いしたい問題点の1つですが,郷原さん,まず今日全体の評価として,御自身も弁護人として質問されたわけですけれども,御自身の午前中の部,それからその後の検察の質問。今日はどのように評価されてますか。

郷原信郎 弁護士
 藤井市長は被告人質問ということで,まあ,初めてですね,法廷で語る番,詳しく語る番だったということで相当最初は緊張してたと思うんですけれども,全体として非常に良く自分の言うべきことを話すことができたと思いますね。
 記憶がはっきりしないところは「はっきりしない」と言って,答えられるところはしっかり答え,十分裁判所にも理解されたんじゃないかと思います。

神保哲生
 前回番組やったときも郷原さんとお話ししてこの今回の「事件」という言い方で良いのかもしれませんが,問題点として,結局「お金を渡した」って言う人がいますと,それから,藤井さんが「もらってない」と言っていて,同席した人は「(現金の授受を)一切見ていない」と。
 後はもう全部,間接的な話しが延々と続いて,今日もまあ僕ちょっと驚いちゃったんですけども,結局はその当時の藤井さんの口座のお金の出入りの,細かーいこと1個ずつ言って「だから,このお金が,その賄賂だったんじゃないか」って言う話しとか,後,メールの文を1行1行リストにして,このことの意味が「お金をもらったことの感謝の言葉じゃないか」って言うような指摘とか,ちょっと裁判として異常と言うか,異例な裁判のような気がしたんですけど。

郷原信郎 弁護士
 メールもね,決定的なメールの文言ならまだ分かるんですけど,今日しきりに聞いてたのは 「ありがとうございます」「いつもすいません」。

神保哲生
 「いつも」が入ってたから...

郷原信郎 弁護士
 (苦笑しつつ)この2つの言葉ですよ。この2つの言葉を,お金をもらったとされる会食の後に(メールで)送ってるから「これはお金をもらったお礼だ」って言うんですよね。
 もう,しょっちゅう「ありがとうございます」とか「すいません」という言葉はメールで送ってるわけですよ。

神保哲生
 「すいません」は「いつもすいません」と,「いつも」が入ったからお金をもらったんじゃないかと言う(検察の)話しなんでしょ。(笑)

郷原信郎 弁護士
 ちょっと常識で考えても,あり得ないですよね,そういう推認・推定って。それから,9万5千円の入金のことも,ずいぶん取調べでそのことをしつこく追及されて,9万5千円がガスト美濃加茂店での昼食の会食の2日後に(口座に)入ってると。これは10万円が,5千円だけ使ってそのまま口座に入ったんじゃないかという,そういう想定で,相当何回も何回も聞かれてるわけですね。それに見合うお金の出がないと。他のところの口座の入金は,それに見合う銀行口座からの出があって,そういうふうに銀行口座から移しているだけなのに,ここは出がないから「どっかから現金が入ったんだろう」 「借りたのか」 「借りてないんだったら,もらっただろう」 と随分追求されてるわけですよ。
 ところが今日,弁護人の質問でも明らかにしたように,当時塾の月謝(※1) などの現金収入が相当な金額あるわけですね。それはもうはっきり客観的な資料にも残っているわけですよ。

神保哲生
 検察も,そのことを知ってるわけですね。

郷原信郎 弁護士
 それは,警察で資料を作ってるわけですから。それを見せないでおいて,藤井氏の側から,現金収入がこの頃月謝という形で入っているということを何回も言っているのに,無視ですよね。 まったく無視して,聞こえなかった振りをして 「お母さんから借りたのか。そうじゃなければ,もらったんじゃないか」ということを言ってるんですね。

神保哲生
 そこは今回明らかになった問題の1つだと思うんですけど,残念ながらこの番組の視聴者の方々は今の公判を見れないので,公判も早く公開されるといいなと思いますけれども,そこんところを藤井さんから(お聞きしたい)。
 要するに,取調べの段階では色々とお金のこととかを聞かれるんだけど,それは,見ればわかる。 帳簿を見るとか当時のメールを見るとか,そういうものを見ればわかるのに,それを見せてくれと言ったのに,それを見ずに,とにかく答えさせられたという,そういうことですか。

藤井浩人 美濃加茂市長
 はい,そうですね。今日,議事録の話しも出ましたけれども。

神保哲生
 議会の議事録ですね。

藤井浩人 美濃加茂市長
 はい。その帳簿も,警察のところでも見せてもらえればわかると(言った)。とくに現金の収入については,どういった資料が残っているか,自分もはっきり覚えていなかったので,あの資料はあそこにあるはずだから見せてくれとまで はっきりとは(言わなかったが)パソコンか書面であるはずだ,ぐらいは言ったんですけど。
 議事録なんかは,見れば一目瞭然だから見せてくれと言ってるにもかかわらず 「いや,いずれ見せますけど,まず自分で思い出せ」というような取調べは続きましたし,月謝のときも,資料を見せてもらうということは(なかった)。
 僕は,それが初めての取調べなので,こういうものが「取調べ」だと理解したんですが,実際は違うんですよね。

神保哲生
 しかも,何も見ずに話したときの供述内容と今回の証言との食い違いみたいなことに,逆に何か矛盾点みたいな形で今日検察のほうが言ってましたけど。当然,当時見てなくって,今度見て喋っているから,そこは違って当たり前だということを本人も仰ってましたけどね。
 郷原さんは検察のご出身でもあるんだけれど,その取調べっていうのは,そうやって敢えて見せずに,詰問して,それこそ言質を取るみたいなことをやろうとしたけど,今回取れなかったというように聞こえるんですけど,そんなもんなんですか?

郷原信郎 弁護士
 いやそれは確かにね,追及の仕方として,全部客観的な証拠を見せてしまうと,その範囲内でしか喋らないから,材料を与えないでおいて本当のことを喋らせようっていうのは,昔からよく使われてきた手法ではあるんですよ。
 しかし今回について言えばですね「9万5千円に見合うお金の出がないじゃないか」っていうこと自体が,前提が間違ってるんですよね。銀行口座から出がなくったって,本人のところには現金の入金があるわけです。

神保哲生
 月謝が現金で入ってくるということなんですね。

郷原信郎 弁護士
 ええ。その現金の入金が,恰もなかったように思わせて「だからこの9万5千円は,賄賂がここに入ってんだろう」というふうに言うのは,完全に誤導ですよね。(※2) これは,拙いと思いますよ。

神保哲生
 実際に資料を後から見たらば その現金は,月謝の裏付けが見つかった,あった,ということなんですね。

郷原信郎 弁護士
 ええ,そうです。

神保哲生
 後もう1つ非常に大事だと思ったのは,議事録。議会の質問のところですよね。
 浄水器に関して質問をしたということが,まことしやかに言われてましたけど,実際は,議事録を見れば,その質問はしていない,と。
 ただ,どうも,答えた市の部長さんのほうが,そういう意味であったというふうに勘違いをして浄水器を念頭に置いた答えをしていた,答弁をしていたと。質問は議事録に残っていて,結局まったくその浄水器のことは聞いてなかったという。

郷原信郎 弁護士
 明らかに,備蓄品のことを聞いてんですよ。ところがその備蓄品のことを聞いて,その備蓄品に関して,都市のほうでは最新鋭の物っていうようなことを言ってるのに,その「備蓄」って言葉を,わざわざ,なかったことにしてるんですね。(苦笑)隠すような形で引用して,調書を取ってるんですね。
 だから,明らかにこれは「最新鋭」というのは浄水プラントのことだという前提で,例の総務部長とかですね,担当の課長の調書が取られてて。
 そういう前提で調べようとしているから,議事録を見られると困るわけですよ。
 議事録を見られると,明らかに備蓄品のことを言ってて,浄水プラントのことを言ってない。
 だからそれを隠してですね,何とかそれを認めさせようとする。(今回の検察調書は)みんな,そういうやり方なんですね。

神保哲生
 ここまで御覧になって,郷原さんも 「まさかそれだけの証拠で(起訴している)」っていうことはないだろうと最初は思われたかもしれないけれど,ある程度出るもの全部出ましたよね。

郷原信郎 弁護士
 もうほとんど化けの皮が剥がれたということですね。
 マスコミの連中からも聞いたんですが,警察・検察は当初「証拠が十分にある」とずいぶん強気なことを言ってたらしいんですよ。
 ところがもう今日の被告人質問で,検察がどうやって,どういうことで追求してきたのかって見れば,わかりますよね。
 ほとんど何の根拠もないんですよ。言いがかりみたいなもんですよね。そんな程度の証拠しかないのに,中林(正善)供述に寄っかかってですね,単に贈賄供述だけに寄っかかって逮捕・拘留・起訴したということが,もう明らかになったということですね。

神保哲生
 じゃあ,藤井さん,もう1つ。今日の事件に直結するかどうかちょっとわかりませんが,もう1つすごく,一連の裁判を見ていて感じたことなんですけれど。
 今,市長になられて,当時市議として浄水プラント要するに学校のプールの水を濾過して災害時に(利用する) それはちょっと飲めるかどうかは別にして。本当は飲めると思いますけれども,いずれにしても災害時の生活用水として使えるということをしようとしたと。
 今もう市長で,当時市議会議員の話しではありますけれど。結局,良いものだと思って一生懸命,色々働きかけをするような議員というのが,あたかも何か裏があるんじゃないかというようなリスクを負わされているというようなことになりかねない。
 だから,今回,ただ「(お金を)渡した」って言う奴がいるという理由で有罪ですなんていうことに,もし万が一なろうものならば,一生懸命何か(やるだけで問題が起きてしまうことになりかねない)。
 何かやろうとすれば,それによって,物を買えば得をする事業者も当然いるかもしれないし。ちょっと極端なことを言えば,その事業者が叩けば埃の出るような人がいくらでもいる。ここまで凄いのはあんまり(笑)いないかもしれないですけどね。そんな何億も融資詐欺をやってる人は。
 でも色々と洗えば出てくる。そしたら「渡した」っていうふうに...
 じゃあ極論を言いましょう。例えば検察が「渡した」って言わせちゃえば,もうそれは一生懸命議員が動いてるから,あたかも状況的には何かその人のために動いてたように見える,と。
 だからこれは本当に,萎縮効果みたいなものをね(大いに与える)。全国で良いことがあれば実現しようと思っている,とくに若い議員さんなんかにとっては,非常に萎縮効果みたいなものを(与える)。もしこれで有罪になったら,出てきちゃうと思う。
 そこは,すごく僕,懸念してるところではあるんですが,郷原さんの話しでは,あんまりその心配には及ばないと。

郷原信郎 弁護士
 いえ,いえ(笑)それはわからないですけどね。 裁判は非常に良い方向に向かっていると思いますね。


< 続きは 以下で >
「美濃加茂市事件」は最悪の検察不祥事か 【2/2】
http://4472752.at.webry.info/201410/article_27.html
2014/10/29 16:01

(※1) 塾の月謝

藤井浩人
http://www.hiroto-fujii.jp/index.php/top/

平成21(2009)年 学習塾塾長
平成22(2010)年10月―平成25(2013)年5月 美濃加茂市議会議員
平成25(2013)年6月2日〜  美濃加茂市長


(※2)
誤導
 : 禁止事項である,誤った事実や調べられていない事実を基にして質問をすること。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「美濃加茂市事件」は最悪の検察不祥事か 【1/2】 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる