銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 中林の融資詐欺は不問に付されたままの贈賄供述で逮捕に至った「美濃加茂市市長贈賄事件」【1/3】

<<   作成日時 : 2014/09/23 12:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2014年9月17日(水)
【 美濃加茂市長収賄事件 】 藤井浩人市長 公判後記者会見

http://live.nicovideo.jp/watch/lv193628215
08:48 〜 56:17
文字起こし 【1】  08:48〜23:36

美濃加茂市長 藤井 浩人
<椅子から立ち,礼> 本日,名古屋地裁で美濃加茂市への雨水浄水設備導入をめぐり,私が業者から賄賂を受け取ったという疑いをかけられた事件の第1回公判が開かれました。
 逮捕以来,一貫して述べてきているとおり,私は業者から現金を受け取ったという事実は一切なく,潔白です。
 お配りさせていただきました陳述書のとおり本日の公判でも陳述を行ない,私の主張を述べることができました。

 警察や検察に屈することなく,こうして私の無実を主張することができるのも,美濃加茂市民の方々を始め多くの方々のご支援のお蔭であると,心から感謝しています。

 これからの今後の公判の中で,私が無実であることを1日も早く明らかになるよう,弁護団の先生方としっかりと取り組んでいきたいと考えておりますので,どうかよろしくお願いいたします。
 <礼。着席>

弁護士 郷原 信郎
 主任弁護人の郷原です。私のほうから今日の公判について若干のコメントをしたいと思います。
 弁護側の主張,立証すべき事実については,今日,弁護人冒頭陳述の中で述べました。
 我々は今回の事件について,中林(正善)の贈賄供述が まったく信用できないというだけではなくて,何故そのような信用できない供述が行なわれたのか。どうして,こういう事件が立件されたのかということも含めてですね,明らかにしたいと思ってます。

 そして我々は,まさにこの事件が,この証拠関係そして捜査の経緯等を見ると,実質的に警察や検察に作り上げられた事件ではないかと,考えておるんです。そういう点も含めて今後の公判の中で明らかにしていきたいと思います。

 弁護人冒頭陳述の中で述べましたように,中林(正善)の供述の経緯や贈賄供述を行なった経緯は,極めて不自然,不可解である。
そこには,彼が行なった多額の融資詐欺が不問に付されて,大きな事件が不問に付される中で,贈賄供述が行なわれた。
 そういう自分の悪質重大な事件が不問に付されることの期待と,贈賄供述が関連しているんではないか。そういうことが動機となって,虚偽の贈賄自白が行なわれたのではないかと,我々は考えます。

 そして何と言っても,今回の事件の捜査の経緯を見ますと,当然行なわれるべき捜査が,行なわれていない。
そして既にもう結論を先に決めているかのようなプロセスで捜査が行なわれている。
 何故そういう捜査が行なわれたのかということについても,我々弁護人は,たいへん疑問を持っております。
 例えば,極めて重要な関係者,証人となり得る「同席者」に対して,いったい,藤井市長の逮捕前に如何なる捜査が行なわれたのか。
 その「同席者」の供述をしっかり確かめて,その信用性を吟味した上で,現職市長を逮捕するというのが,当然の捜査であります。
 その当然の捜査すら,行なわれてないことに,我々は重大な疑問を持たざるを得ません。
 今後の公判では,そういった観点から本件の真相に迫りたいと考えています。以上です。

弁護士 神谷明文
 中林(正善)が何故,虚偽の供述をしたか。
 本人が虚偽の供述をした,あるいは贈賄したということを言えば自分が罪になるんだから,嘘を言うはずがないじゃないかというのが,まあだいたい警察,検察の論理ですね。罪になるのに,何で嘘を言うんだと。
 一見これは,尤ものように聞こえます。
 しかし,他の事件と決定的に違うところは,この事件は中林(正善)のいわゆる融資詐欺の中で出てきた供述だということです。ここが決定的に違います。

 融資詐欺に,この贈賄をぶつけたとしても,全然重くならないと言うかオマケみたいなもんですから,彼は立場が不利になることはないし。それから,これは記者皆さんご承知だとは思いますけれど,捕まった人は,検察,警察から,とくに検察から「他に何かやってないか」「他に何かやってるだろう」ということも,しつこく聞かれるわけですね。
 そこで他に何かやってるっていうことで,それが警察のネタになれば,自然に扱いも良くなったり,それから本人のやってること全体についても扱いが良くなる。まあ,一部「呑んでもらう」つまり,起訴しないで済ませてもらうということが,世の中には往々としてあることでありますので,今回の場合にも,そういうことがあったというふうな見方をしております。以上です。


【記者質疑】
記者A ; 公務をこなしながらの初公判は,市長職に影響のようなものはあったか。

美濃加茂市長 藤井 浩人
 今日は,午前中公務を行ないまして,午後からは予定を開けてもらいましたけれども,私の公判に出る準備と言いますか,これは事実を述べるだけですので,そういった点においてもとくに公務に影響は出ていないというふうに考えております。


記者A ; 今のところ 重大な影響はなさそうか。

美濃加茂市長 藤井 浩人
 はい。ないと思います。


記者 B ; 1点目。実況見分は実際に,いつ行なわれたか。2点目。要旨の告知が行なわれなかったことについて。

弁護士 郷原 信郎
 まず実況見分ですが,冒頭陳述の中でも述べましたようにまず2つの贈賄があったとされる現場の実況見分は,起訴までには行なわれていませんでした。
 極めて簡単な写真撮影報告書と,極めて不正確な店内図みたいなものが,あっただけです。 
 そこで,弁護人のほうから,本来,当然,実況見分は行なわれているはずだという前提で証拠開示を求めたんですが,行なわれてない,ということだったんで,この裁判所の示唆もあって,公判前整理手続きに入ってから実況見分が行なわれたわけです。
 それには,弁護人も立ち合いました。 まずガストが8月25日です。それから○○○○店のほうが,9月9日です。

 要旨の告知が行なわれなかったことなんですが,我々は一応準備はしてたんですが,元々,今日,1時間という時間の設定でして,検察官側の立証と弁護人側の立証と概ね半分半分ということで時間が設定されていて,検察官は冒頭陳述「15分」と言っていたので,我々も15分と答えていたんですが, 検察官は何か25分も冒頭陳述を行なって。
検察官が25分行なうんであれば,用意していた冒頭陳述の全部を読んで,我々も20分程度かけました。
 それでほとんど時間がなくなってしまったから,要旨の告知が行なわれなかったということなのかなと思うんですが。

 中身的には,検察官の取り調べが既に決定している証拠っていうのは,重要なものはかなり不同意になってますので,まああまり検察官的には要旨の告知をする意味がないと考えたのかも知れません。

 弁護側の証拠は,概ね冒頭陳述に書いてる,引用してるものが多かったんで,要旨の告知も,冒頭陳述を引用するような形で行なおうと思ったんですが。
例えば,海老(和允)副市長が,先ほどの冒頭陳述で述べた,市議会の質問と市当局の関係などについては,詳細な陳述書を提出してくれてまして,そして,防災安全課に関する市議会での質疑がどのように取り扱われたのか,ここら辺はもう一覧表になってます。こういう証拠も,同時で出てます。それから,被告人の手許に現金が十分にあったことに関しても,サカイさんという人に,陳述書をいただいてます。
 関係者の陳述書があって,その辺りは要旨の告知をしようと思ってたんですが,今日は残念ながら時間がなくなってしまって,できないということになってしまいました。

弁護士 神谷明文
 要旨の告知をやらなかったことが正しいかどうかという問題は残りますけれども,この点は裁判所の裁判の,まさに成り行きが注目されるんではないでしょうか。刑事訴訟法的には瑕疵があったというご指摘は尤もじゃないでしょうか。
 それから,実況見分調書ですけど,ガストにつきましては警察が撮った写真があったんですけど,これがいかにもドリンク・バーと,ドリンク・バーの隣りであった3人が会食していたという場所を,なるべく遠く見せようという意図が写真からも感じられるようなものでして。実際には近いんですけど。
 非常に作為的なものを感じましたので,こちらから,それはちゃんと公正にやるべきじゃないかということでお願いした。


記者 B ; 要旨の告知を求めるように働きかけないのか。

弁護士 郷原 信郎
 検討したいと思います。ただ正直言って,先ほどから言っているように本件の捜査が余りに酷いんで,その酷さと比べたら,要旨の告知が行なわれなかったことの酷さは,それほど(苦笑)思わなかったということです。
 これからもまだ公判は続きますから,そこも検討したいと思います。


< 続く >

◇ 参考

毎日新聞 2014年09月17日22時24分
http://mainichi.jp/select/news/20140918k0000m040121000c.html
美濃加茂市汚職:市長側「作られた犯罪」初公判 
(最終更新09月17日 23時16分)

The HUFF POST 投稿日:2014年09月18日15時11分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/nobuo-gohara/trial_b_5840372.html?utm_hp_ref=japan
藤井浩人美濃加茂市長事件 弁護人冒頭陳述
更新:2014年09月18日15時11分 JST

郷原信郎が斬る
http://nobuogohara.wordpress.com/

選挙毎日 毎日新聞 
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140922ddq041040007000c.html
選挙:岐阜・美濃加茂市議選 告示 反市長派「汚職」触れず 人気を恐れ
2014年09月22日 中部朝刊

朝日新聞 2014年9月23日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11364469.html
(ニュースQ3)収賄事件で公判中の美濃加茂市長、人気は健在

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中林の融資詐欺は不問に付されたままの贈賄供述で逮捕に至った「美濃加茂市市長贈賄事件」【1/3】 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる