銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「知らなかった」と言い訳するネオ‐ナチ問題を抱えた「政界」が,報道にイチャモンつけるって?

<<   作成日時 : 2014/09/12 17:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 朝日新聞が記事を取り消し社長が謝ったと,ずいぶん大形に話題になっている。
 しかもまた何故,「政界」が,新聞の一部の記事に不備があったからと言ってここまで大騒ぎするのか。
 記者会見で「報道の影響力の大きさ」と菅官房長官が言う(※)なら,そもそも,間違った報道など,いくらでもあることを忘れたのか。
 謝罪しろと言うなら,マスコミほとんど全部が,あの松本サリン事件(1994年)の被害者である河野義行氏を,どれほど長期間犯人扱いしていたのか。
 多くの冤罪事件報道では,どうか。
 政権交代による日本の民主主義の夜明けを襲った「陸山会事件」という小沢一郎を搦め捕ろうとした一連の事態は,どうだったと言うのか。

 で,朝日も反省の仕方を間違わないでほしいとは思うんだけどね。

 そのことで,今起きている日本の現実と,約80年前に起きたことの本質とがボヤケさせられつつあると感じているのは,私だけでしょうか。

 今起きていることは,原発事故処理は,今後数十年では解決できるかさえ難しい私たちの責任として連続している事態だということ。

 そして,第2次世界大戦時の「従軍慰安婦」問題は,徴兵されて戦争をした兵士と同様に,その本質は強制以外,なかった,ということ。
 これを省みずに「書かれた証拠文書がある,ない」の問題に矮小化することで,国家の姿を歪め,人びとの生活を奪う,大きくパックリと口を開けた穽ではないか。

 福島第1原子力発電所の事故は,事故当初の全貌はいまだ不明で,世界でも未曾有のものであったろうことは,容易に想像がつく。
 ましてや,いくらかの偶然と幸運とも呼べる事象が重なったのかもしれないが,原発がメルトスルーしたにもかかわらず,例えば大爆発して関東 ・ 東北の一帯を激しく放射能汚染し,その後日本が二分される事態に至らなかったことは,もちろん吉田昌郎所長ほかの「決死の対応」による部分が大きいのだろうということも,想像できる。
 こうした経緯を,以前取り上げた 門田隆将 『 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五百日 』 このp.268とp.269 から,再び取り上げ,一部メモする。


*    *    *    *
p.268から

 吉田所長の「指示」が飛んだ。
「各班は、最少人数を残して退避!」
 大きな声だった。

<伊沢氏の話>「この時点で技術系の人間ではない人たちも含めて免震重要棟には大勢の人(注=六百人以上)が残っていました。吉田さんは、技術系以外の人は早く退避させたかったと思います。しかし、外の汚染が進んでいましたから免震重要棟から外に出すことができなくなっていたんです。でもこの時、もうそんなことを言っていられない状況が生まれたわけですから、最小限の人間を除いて、二F(福島第二原発)への退避を吉田さんが命じたんです。

p.269 から
 「必要最小限の人間」とは,基準のないものである。

*    *    *    *

 すでに門田氏はこうした重要な点について記述している。 吉田昌郎氏に直接取材して書かれた著作なので,この部分が真であると考えるなら,いわゆる「吉田調書」は,むしろ今後の原発事故を回避できる示唆であるとか,反省点であるとかについて,科学者や技術者が読み解くべき問題を考えるべきであって,混乱した当時の政府とのやり取りの細部ばかりが問題視されていること自体,あらゆるメディアの「小新聞」化ではないのだろうか。
 捏造記事は,厳しく最も強い批判に晒す必要があるとしても,そもそも間違った報道など,いくらでもあるだろう。

 なお,蛇足ですが,私のメモの拡散はたいへん結構なのですが「『銅のはしご』の文字起こし」だと断った上で,一部編集しているものがあります。全部引用なのか,一部引用なのか,編集したのか,を明記して使ってください。著作権者に迷惑がおよぶかも知れないので。


◇ 参考
内閣官房
http://www.cas.go.jp/index.html
平成26年9月11日
政府事故調査委員会ヒアリング記録の開示について」を掲載しました。

http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/020_koukai.pdf
平成23年8月16日
聴取結果書
東京電力福島原子力発電所における事故調査 ・ 検証委員会事務局

局員 加藤経将

< 追記 2014 /09/13 16:39 >
福島第1原発事故に係る内閣官房発表のヒアリング記録(被聴取者・吉田昌郎氏ほか)は以下にあります。

政府事故調査委員会ヒアリング記録
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/hearing_list.html

(※)朝日新聞 2014年9月12日14時38分
http://www.asahi.com/articles/ASG9D40WXG9DUTFK006.html
政界から厳しい声 吉田調書巡る朝日新聞記事取り消し

画像

門田隆将(かどた りゅうしょう)
『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五百日』
2013年2月8日 第1版第5刷(第1刷は2012年12月4日)
PHP研究所 買ったとき定価 (本体¥1,700+税5%¥85) ¥1,785

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「知らなかった」と言い訳するネオ‐ナチ問題を抱えた「政界」が,報道にイチャモンつけるって? 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる