銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 公共放送が死んだ・新宿駅南口「抗議の焼身自殺」報道をしない

<<   作成日時 : 2014/06/30 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 6月29日 日曜日午後の新宿駅南口。
 痛ましい抗議。焼身自殺...一命は取り留められたようですが,NHKは,まったく報道していないらしい。

 毎日新聞では

 新宿署などによると、男性は < 途中省略 > 鉄橋の上で約1時間、拡声機を使い政府の集団的自衛権行使容認の方針に反対する主張を繰り返していたという。

◇ マタイによる福音書
迷える羊(ルカ15 3〜7)
18 10〜14
 あなたたちはこれらの小さな者をも,軽んじないように気をつけなさい。あなたたちに言っておく。彼らの天使たちは天にいて,天におられるわたしの父のみ前にいつも立っているからである。 あなたたちはどう思うか。ある人が百頭の羊を飼っていて,そのうちの一頭が迷い出たとすれば,その人は九十九頭の羊を山に残して,迷った 一頭の羊を捜しに行かないであろうか。 そして,もしそれを見つけたなら――あなたたちによく言っておく――その人は迷わなかった九十九頭の羊よりも,その一頭を喜ぶであろう。 このようにこれらの小さな者が一人でも滅びることは,天におられるあなたたちの父のみ旨ではない。

新約聖書 フランシスコ会

画像
 

◇ 守中 高明 氏 twitter より
https://twitter.com/ladissemination

守中 高明 @ladissemination
新宿南口で焼身自殺を遂げた男性。ベトナム反戦運動のさなか、抗議の焼身自殺をしたノーマン・モリソン氏のケースを否応なく想起させる。この男性の行動を「狂気」と呼ぶことも「英雄」視することも慎むべきだが、現在の政治状況が一個の精神にこれほどの負荷をかける残酷なものであることを銘記すべき

守中 高明 @ladissemination
新宿南口で焼身自殺を図った男性、その後の報道(「朝日新聞Digital」20:39等)によれば重症だが助かりそうとのこと。かけがえのない一つの命が失われなかったことに安堵。だが、一市民にこのような決断をさせるほど高い強度をはらむ現在に私たちがいることを改めて思う。決して忘れまい。
6:11― 2014年6月29日


守中 高明 @ladissemination
私たちがその只中にいる現在について、すでに熟慮はなされた。残されたなすべきことはただ、立憲主義を否定し憲法を破壊する現政権の暴挙に≪否≫を突きつけることだけだ。良識ある市民は官邸前へ!6/30(月)18:30/7/1(火)17:00。It's time to rise up!
6:39― 2014年6月29日


◇ 官邸前抗議行動
http://kyujokowasuna.com/
解釈改憲による集団的自衛権の行使容認
断固反対
します
6月30日(月) 夕方6時半〜
7月 1日(火) 午前9時半〜10時半
7月 1日(火) 夕方5時〜


 詳細は,上記サイトでご確認ください。

◇ 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140630k0000m040069000c.html
集団的自衛権:反対主張の男性、焼身自殺図り重傷…新宿
2014年06月29日21時25分(最終更新06月29日22時34分)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公共放送が死んだ・新宿駅南口「抗議の焼身自殺」報道をしない 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる