銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 暴力,カネ,セックス。「限定」流行り?

<<   作成日時 : 2014/06/18 16:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ≪ 暴力,カネ,セックス ≫
 外国でも武力行使 「集団的自衛権」 =暴力=
 放射性廃棄物・中間貯蔵 「金目」発言 =カネ=
 「児童ポルノ」 単純所持禁止 =セックス=

 石原伸晃環境相の「金目」発言に隠れて,いわゆる「改正児童ポルノ禁止法」が参議院本会議を通過し成立したことを懸念する報道は少ない。
 ただ,この「金目」発言は,ほとんど暴力とも言える本質を顕してしまって,今国会中には自公の“談合”成立で憲法をゴミ箱行きにして「集団的自衛権」つまりアメリカ他のお伴をして海外で武力行使できるようにするのは,少しの期間だけ間延びさせるようだ。いや,自民は地方での固定票をなくしたくないので,間延び作戦をしているだけかな。

 で,各社報道の見出し・タイトルを見ると,ほぼ「児童ポルノの所持禁止 改正法成立 参議院本会議 賛成多数で可決成立」というようなのが多い。
 本法によって,被害の拡大は,本当に防げるのか?
 表現規制としての問題点だけでなく,直截にセックスの問題として考える必要ありと思う。

 まず,表現規制の問題について。
 「児童ポルノ」ではなく「児童性虐待記録物」にという提案が,社会的認知度が高くないのは大マスコミが無視しているからなのか。それとも気分的な情緒的な「コドモ ヲ マモロウ」感に,多くの人びとの忌避感が少ないからなのか。
 漫画,アニメ,CGは規制の対象外とすると言うが,法律名にいまだ「児童ポルノ」なる言葉は踊っている。
 これは表現規制に重きを置いた名称のままにしておくためかという印象を,どうしても私は強く持つ。罰則適用の対象者を「限定」とか,「限定」流行りの立法府でもある。

 次に,セックスの問題について。
 たとえ先進各国ですでに「単純所持禁止」の法律があるとしても,なぜより丁寧な議論をして根底にある児童性虐待に焦点は当てられないのか。
 最近の報道でも「特殊な親達が,子どもを虐待していた」という論調で糊塗されているものが多い。家庭や恋愛関係は,もともとひとつの閉鎖空間であり,もっとも簡単に虐待が起るだろうことは自明でもある。そこで個人的な性的嗜好,まして表現物を規制しても,本来 法が果たすべき人権擁護にはほど遠いことが多い。より深化させて進化した概念を法文とすべきと思うが,10年ぶりに改正された内容は,それには,いささかほど遠い。

 参議院での反対票の少なさには呆然とした。共産11名,社民3名,無所属2名=糸数慶子議員,山本太郎議員の16票のみ。


◇ 参議院 ww.sangiin.go.jp

児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律
参 議 院
本会議投票結果

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/186/186-0618-v002.htm
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案(衆議院提出)
第186回 国会(常会) 2014年 6月18日 投票結果
総投票数 239
賛 成 票  223
反 対 票  16

賛 成 
自民(114) 民主(58) 公明(20) 維新・結い(14) みんな(13) 新党改革・無所属の会(3)
生活の党(2=主濱了,谷亮子) 無所属(1=輿石東)
反 対
共産(11) 社民(3) 無所属(2=糸数慶子,山本太郎)


議員名は,このメモのための加筆部分で,数字のみ無記名は所属政党の全員ということ。
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ


◇ 毎日新聞 
http://mainichi.jp/select/news/20140618k0000e010172000c.html
児童ポルノ:「単純所持」禁止 改正法が成立
2014年06月18日10時54分(最終更新06月18日13時08分)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暴力,カネ,セックス。「限定」流行り? 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる