銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本とウクライナの貿易

<<   作成日時 : 2014/03/07 00:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

§ 日本とウクライナ
 日本はウクライナから食用大豆を輸入することになっていたようです。苦手な人も多いようですが,納豆は美味しいです。ふだん食べているのの原料表示では産地は「カナダまたはアメリカ(遺伝子組み換えでない)」って書いてあります。スーパーには北海道産大豆が原料の納豆もあるけれど,味の違いをそれほど感じませんので,そこそこお買い得品を食べることになります。
 2008年にはウクライナは日本から28億ドルも輸入してくれていたんですね。
 で,チェルノブイリ原発から首都キエフまで直線なら130 km足らず。福島第1原発からひたちなか市くらいまでの距離です。

§§ “ カウント・ダウン消費税・増税 ”
 あと25日くらいです。「節約・生活防衛・増税前に何を買っておくとオトク?」そうですかねえ。
 実は日用品などは,円安のためかガソリン代高騰のためか,とっくに何でも微妙に値上がりしているので,高級外車や億ションなどお買い求めの方達は,オトク感もあったことでしょうか。ですから,わたくしは買い物する気分じゃありませんね。生活にどうしても必要ではないものですと,値段はあって無きに等しいことってありますし。1月にジャパン・パーカッション・センターでは,大バーゲン・セール中でした。
 tycoon percussion 三角シェィカー。 JPCでは定価(税込)¥1260 を,なんと¥380でした。
 KIKUTANI MUSICのサイトではM(高さ70mm)¥1260 S(高さ50mm)¥800となっています。
 Mの高さ70mmとありますが,これ正確に測ると65 mmです。このパーカッションの大きさを分かりやすくしようと卵を横に置いてみました。
 ただねえ,リズム感もアヤシイわたくしですので,宝の持ち腐れになるかも知れません。

画像


◇ 参考
 在ウクライナ日本国大使館
http://www.ua.emb-japan.go.jp/jpn/bi_ua/bilateral/5trade.html
日・ウクライナ二国間関係概要
(2011年10月現在 )
対日貿易

 日本とウクライナの間の貿易は過去数年間に急拡大し,2008年の貿易総額は30億ドルを超えた。ウクライナ国家統計委員会発表によると,2008年の日本へのウクライナからの輸出が1億1570万ドルと横ばいなのに対し,日本からの輸入は27億9580万ドルであり,前年比でほぼ倍増した。わが国の輸出のほとんどは自動車輸出で占められており,2008年度の全輸出に占める割合は83%にのぼった。2009年については,経済危機,13%の追加関税導入,個人向け融資アクセスの減少などにより,大きく低迷。なお,農業分野については2002年,日本が初めてウクライナ産の穀物輸入(630万ドル)を実現し,その後は果実やアルコール飲料等が少量輸入されてきていたが,2009年に主要輸入品となった。2010年については,日本からの輸出は,依然として自動車(67%)が高い割合を占めている。また,日本への輸出は,穀物の35%が第1位。ウクライナの日本に対する主な輸出入品は以下の通り(金額は2009年の輸出入額,括弧内は対日輸出入額全体に占める割合,出典:国家統計委員会)。

▶ 日本への主な輸出品
1.穀物        3,500万ドル  (35%)
2.非鉄金属     2,000万ドル  (19%)
3.鉄鋼・スラグ   1,790万ドル  (17%)
4.アルミ・アルミ製品  1,570万ドル (15%)

▶ 日本からの主な輸入品
1.自動車     5億3,910万ドル (67%)
2.機械・機器類   5,660万ドル  (7%)
3.デバイス・装置類  4,810万ドル (6%)
4.電子機器類   3,370万ドル (4%)


◇ 新聞
REUTERS
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0M24P220140305
ウクライナに110億ユーロの金融支援提供の用意=欧州委員長
2014年 03月 6日 05:20


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本とウクライナの貿易 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる