銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世代論」で選挙の重要性を言うのは,ダメだと思う

<<   作成日時 : 2014/02/03 16:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 わたくしはツイッターに参加しておりません。遠巻きで感想を言うのは,ダメなのか,いいのか知りません。
 でも,時々,こうして取り上げます。今回は,どうしてもこれらのツイートが腹に据えかねて,1日おいてみても,ムッチャ,気分はすぐれないので,だから,ちょっとずつモンクをつけます。
 ツイッターの短文としての特徴から,ということもあるのでしょうが,あまりに,世代としての「若者」相手に,小馬鹿にしてるように感じるからです。以下,引用します。


✎   ✎   ✎引用です。

https://twitter.com/yasushi61
yasushi-nozaki
@yasushi61
大学教授、開発学、障害と開発、CBR論、開発評価論。ネパールで長く医療/福祉/環境の仕事。チェルノブイリに日本の医療プロジェクトの評価で二度訪問。父が広島で入市被曝した被曝二世。「脱原発杉並宣言」の呼びかけ人の一人。「福島の子ども保養プロジェクト杉並の会」実行委員。「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」副会長。東京都杉並区

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 2月1日
若者:投票率が低い。過度の支援は依存を生むと国際協力の世界では戒められる。更にその先に構造的被抑圧と云うのもあって、構造的貧困が日常化して誰も声を上げなくなる。今の日本の若者はその状態にあるのだろう。生活と政治が切れている。小さな人間関係の中に埋没している。身の回りの小さな贅沢。

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 2月1日
若者(2)非正規の無期限化。フランスで若者切りの同じような法案が出た時、全土の学生がスト。労組も連帯ストでゼネストになりサルコジが引っ込めた。今待機児童問題で困ってる方々、10年前にこういう運動やってましたか。人口や投票率で言えば老人の四分の一の政治力。自分で選んだ非正規低賃金。

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 16時間
若者(3)大学やその他で若者を見ている。この20年位の間で大きく変わったのは、基礎的教養の無い事を恥じなくなったことだ。見兼ねて先ずは漢字検定準二級をやらせても出来ない。皆出来ないからいいと思っている。私の世代の一学年250万人の半分以下の若者に何故手厚い教育をしなかったのか。

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 13時間
若者(4)諸外国の同年代の学生と比べると日本の学生は小学生か中学生かと見劣りがする。学力とか知識ではない。世界の動向に対する理解や政治的成熟度だ。だから交流させるとその場で子供扱いされる。マルクスまで読んでなくてもいいけどオリエンタリズムくらい知っておけよ、と。「想像の共同体」?

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 13時間
若者(5)近現代史を知らない。留学先の英国でアジア諸国の留学生に問いつめられて初めて恥をかく。良くてもこんな程度の若者に日本の政治に関心を持てと言った所で無理だろう。若者切り捨て政策に無関心。原発が将来世代の問題だと言っても無関心。「永遠の0」を悲恋物語と刷り込まれて泣きくれる。

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 13時間
若者(6)都知事選で私は若者に期待しない。むしろ右に流されていくのが多かろう。それに比例して新卒の就職の一割は外国人学生になって来た。もっとそうなるだろう。アジア諸国の優秀な学生に太刀打ちできる訳がない。「永遠の0」に感動しながら国際対応できずに非正規労働で貧乏暮らしの非婚人生。

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 13時間
若者(7)若者が貧しくさせられて来たにはその訳がある。若者がそれに気がつかず受け入れて来たからだ。ゲームなどの阿片に似た様々な嗜好品を与えられてそれで頭脳を満たしている。二十歳はまだ輝いていると錯覚している。30代40代になって皆がみじめな人生になると同窓会にも出て来なくなるぞ。

yasushi-nozaki ‏@yasushi61 12時間
若者(8)教育が同調圧力で物を言わない人間をひたすら作って来た結果が、人権侵害されても一言も文句を言わない大量の若者世代だ。ニコニコして皆が崖から飛び降りている。私は仕事柄、彼らを難破船から救出しようとやって来たが、気がついてそこから逃げ出すのは三分の一位だ。後は波にさらわれる。

yasushi-nozaki ‏@yasushi61 12時間
若者(9)若者の投票率が低いから未来のビジョンを政治が作れない。それが若者の首を絞める。こんな当たり前の事を知ってか知らずか投票しない若者を、税金を掛けて教育する必要があるのか。二十歳過ぎて投票しない学生は奨学金停止とか、授業料増額とか思い知らせた方がいい。誰が払っているのか。

yasushi-nozaki‏ @yasushi61 12時間
若者(10)若者よ。とにかくこの度の都知事選にはあなた方の将来が掛かっている。ここまで言われて悔しかったら、考えよ。行動せよ。せめて投票せよ。私は心に決めている。これだけの都知事選、誰が勝っても受け入れるが若者の投票率が従来のように低ければ、私はもう若者を教育する熱意を放棄する。


✐  ✐  ✐引用終わりです。 

 以下は,わたくしの考えです。斜体字は,上記の文からです。
若者(1)
「若者:投票率が低い。」
 これは,本当に近年始まった事態ではない。統計的には,1990年以降,20歳代の投票率が激減してきているという特徴はあるが。
 データ量は少ないが,例えば,以下を見てもらいたい。

社会実情データ図録
年代別投票率の推移(衆議院選挙)

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5230c.html

「小さな人間関係の中に埋没している。身の回りの小さな贅沢。」
 これは,ある程度恵まれた層の部分の若者にしか当て嵌まらない。
 若者の貧困は,孤立化と同時のことであり,同じく,老人とて「貧困と孤立」については,同じ状態にあることも考えていただきたい。
 現在すでに,日本社会を覆っている「格差・貧困・孤立化」を認識するに,あまりにお勤めの大学や,ご本人の交友関係におかれては,格差 ・貧困を実体としては見ていず,知識人の高みの見物でご覧になっているのではなかろうか。

若者(2)
「10年前にこういう運動やってましたか。」
 一流大学で親がかりの生活ならいざ知らず,講義の後はアルバイトに直行。あまり裕福ではない親の顔を見ると,学生デモで “将来をフイにする” ことなんかできなかった,できない,日本の学生さん達。 なにしろ,欧米のように,大学卒後,回り道をしようものなら,一生食いっぱぐれるのが当然の日本の社会システムです。

「自分で選んだ非正規低賃金。」
 “収入があること”を優先する以外ない場合が厳然として存在する。
 また,安倍首相のように企業に“オネガイ”することになど,何の意味もない。政治ができることは,最低賃金を決定する,非正規雇用など雇用形態を特殊な場合を除いて禁止することだ。


若者(3)
「この20年位の間で大きく変わったのは、基礎的教養の無い事を恥じなくなったことだ。見兼ねて先ずは漢字検定準二級をやらせても出来ない。」
 20年前に基礎的教養を誇れる人間が当たり前に大勢いたとは考えにくい。歴史学者 ・阿部謹也氏が『 「教養」とは何か 』を著したことを考えても分かろう。漢検が,そんなに重要とは驚きだ。

若者(4)
「学力とか知識ではない。世界の動向に対する理解や政治的成熟度だ。」
 と言いつつ,
「マルクスまで読んでなくてもいいけどオリエンタリズムくらい知っておけよ」
 やっぱ,ベンキョーして丸暗記 しておけってことかなあ。
 知識は,たしかに何らか必要でもあろうが,これは,お勤めの大学にいる学生さん達に進言すべきか。また, それ以上に,不必要とも言える日本の丸暗記偏重型入試制度は,どうなのか。


若者(5)
「『永遠の0』を悲恋物語と刷り込まれて」
 これほど素朴な若者ばかりなのは,いったい誰で,どこで,ですか?

若者(6)
「『永遠の0』に感動しながら国際対応できずに非正規労働で貧乏暮らしの非婚人生。」
 ここに至っては,味噌も糞も一緒の悪 しき世代論。非正規労働や非婚の者たちを罵倒しているだけと見える。

若者(7)
「気がつかず受け入れて来たからだ。ゲームなどの阿片に似た様々な嗜好品を与えられてそれで頭脳を満たしている。」
 豊かさが一定程度実現した社会では,必ず起きる“様々な安易な嗜好品の調達”。 これを否定していては「ゲーム脳」のようなトンデモ理論になる。
 頭脳は,満たされることが,ほぼないから,新しい科学などが次々と顕れてきたのが人類史の一面だろう。


若者(8)
「教育が同調圧力で物を言わない人間をひたすら作って来た結果」
 教育が,それを補完 してきたことは確かだろうが,これもまた歴史学者・阿部謹也氏が『世間論』などを著したことを考えても,日本的な特性を持つ社会構造を抜きにしては,語ることはできない。
 とりわけ同調圧力については,教育だけでなく,日本的共同体にある,ひとつの特性としてとらえる視点は必要だと思う。


若者(9)
「若者の投票率が低いから未来のビジョンを政治が作れない。」
 投票率の低下傾向は,全世代にまんべんなく起きている。若者に限ったことではない。

若者(10)
「若者よ。とにかくこの度の都知事選にはあなた方の将来が掛かっている。」
 いつもそう思って,選挙に行くけど,あんまり,結果思わしくないし〜。
 で,十把一絡げで,若者一般とか言うの,情けないと思うよ。


画像

(下)
阿部謹也 『「教養」とは何か 』
講談社現代新書 一九九七年五月二〇日 第一刷発行
定価:本体 640円+消費税(5%) 32円672円
(上)
河合隼雄 『 中空構造日本の深層 』
中公文庫 1999年1月18日発行
定価:本体 571円+消費税(5%) 29円600円


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
老人でも中年でも若者でも、人は千差万別。
げそれが個性で権利というもの。
若者は…..など十把一絡げにするというのは人の個性という権利の侵害です。
まるでどこかの退職校長ですか。
こういう人は、年取ると国家主義者になって浪曲を聞き出すタイプですね。
もうすぐ北風
2014/02/04 15:21
もうすぐ北風 様
 浪曲と言えば,私は母方の祖母のところで一緒にずいぶん聞きました。祖母の部屋には天皇皇后のお写真も飾ってありました。でも,祖母は「親はあっても子は育つ」とうそぶき「子どものお仕事はね,遊ぶことなのよ」と常に言う人でした。祖父は,事情があって実の父親に認知されない,まったく血縁ではないお子さんを何人か自分の戸籍に入籍もしていたようです。「知らない人たちからは,子どもの数が多過ぎて“絶倫”と陰口を言われていたのよ」と,嬉しそうに祖母は私に話しておりました。話題の中心からは脱線ですね。
レイナ
2014/02/04 17:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
「世代論」で選挙の重要性を言うのは,ダメだと思う 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる