銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 素数ふたたび,そして棒高跳びの世界新

<<   作成日時 : 2014/02/26 13:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 1年前に,メモした素数の話し。そして,「素数がどのような間隔で分布するかに関する新たな定理を米英の2人の数学者が26日までに見つけた。」という今朝のニュース。
 数学的センスもほぼゼロのわたくしですが,心躍るニュースです。数学の新発見を見るのは,スポーツ観戦と同じように楽しい。
 そして,ソチ・オリンピックの報道一辺倒であまり大きく扱われていなかった棒高跳び(男子・室内)の世界記録更新。
 フランスのルノー・ラヴィレニ Renaud Lavillenie選手が2.16mを跳んだのが,関東地方の豪雪の日2月15日(土)。ブブカ選手は「100年は破られない記録」と自負していたそうだけれど,観戦 していた眼前で自身のその記録を1cm上回ったラヴィレニ選手を称えたそうです。

 さて,多項式 f (x) = x^2−x+41
 (x の2乗 マイナス x プラス 41 )
  このページではなぜか 「 x の 2乗 」が表示されないので,「 x^2 」を使用します。
  この x に 1,2,3,・・・39 を入れると面白い数列ができる。

x   1,2,3,4,5,6,7,8,9,10
f (x)  41,43,47,53,61,71,83 ,97,113,131

x   11,12,13,14 ,15,16,17,18,19,20
f (x) 151,173,197,223 ,251,281,313,347,383,421

x   21,22,23,24,25,26,27,28,29,30
f (x) 461,503,547,593,641, 691,743,797,853,911

x   31,32,33,34,35,36,37,38,39
f (x) 971,1033,1097,1163,1231,1301,1373,1447,1523

 そう! 全部,素数です。
 けれど x=40の時 f (x)=1561=7×223 となり,素数ではない。ほんとうに面白いです。

 『 中谷宇吉郎随筆集 』の一文をふと思い出します。この中の「W 科学と文化」
科学と文化
p.296〜301 
p.300 11行目途中から
面白いと言うだけでは仕様がないという考え方を特に科学の場合は持つ人が案外多いようである。しかしそれは大変な間違いであると私には思われる。読んで見て面白かったということだけで充分なのである。それではつまらぬという人は、どんな立派な絵を見ても良い絵だと感心するだけではつまらぬという人である。
< 途中省略 >
p.301〜

 要するに私の考えは、科学を文化向上の一要素として取り入れる場合には、広い意味での芸術の一部門として迎えた方が良いというのである。その場合科学の美を既知の他の芸術美に類するものにしようとしないで、事実の羅列の面白さの中に美を求めるようにしなくてはならないというのである。そしてこの面白さの美に客観性を与えるためには科学の知識と科学的の考え方との正しい普及をはかれば良いので、それには自然現象に対する疑問の出し方とその追及の方法とそれで得られた知識とを報告すれば良いというのである。
 (昭和十二年十二月一日)


◇ 参考
ルノー・ラヴィレニ
Renaud Lavillenie 1986年9月18日〜 フランス
<世界新記録>2014年 2月15日 6m16(室内)ウクライナドネツクで開催されたPole Vault Stars で。

セルゲイ・ブブカ
Сергі́й Наза́рович Бу́бка 1963年12月4日〜 ウクライナ
<前・世界新記録>1993年 2月21日 6m15(室内)


◇ 新聞ほか
47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014022601001180.html
素数の間隔で新定理発見 極端な偏りなく分布、米英数学者
2014/02/26 09:44 【共同通信】


日経Web刊
http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKA0045_W4A210C1000000/
ラビレニが棒高跳び世界新 ブブカの記録21年ぶり更新 2014/2/16 10:23
jijicom 時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014021600104
ラビユニ6メートル16、世界新=ブブカの記録21年ぶり破る−陸上・男子棒高跳び (2014/02/16)


◇ メモ
http://4472752.at.webry.info/201302/article_12.html
2013/02/08 18:26
数学/史上最大の素数を発見
画像

『中谷宇吉郎随筆集』
岩波文庫 
1996年12月10日 第16刷
買った時 定価670円(本体650円)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素数ふたたび,そして棒高跳びの世界新 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる