銅のはしご

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アンネの日記 」と関連図書が相次ぎ破損された【2】

<<   作成日時 : 2014/02/24 11:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 信憑性どころか客観性にも欠如した記事,訳知り顔の解説に噛み付くことは思いっきり最も唾棄すべき非生産的な作業だ。けれど,ますます腸が煮え繰り返る思いが昂まる。一般には結論ありきの編集方針通りの取材をすることは,批判の的になるが,取材は“何となく関係していそうだから聞きに行きました”なんてのは愚の骨頂。きょうび,あまりに低劣だとは言え,この怒りのもとになった記事を抜粋すれば,とりわけ以下のものだ。(メモの一番下に抜粋して引用)
 ただの「事件」であり,「騒ぎ」であり,どうやらいわゆる「精神疾患」に関連付けて犯人特定だけを示唆したいという,こうしたものが簡単に露出することの迷妄は,どうすれば解決するのだろう。例えば国連憲章の一部だけでも読んで考えてほしいものだと言うのも,糠に釘ではあるのでしょうね。そして再びわたくしは,こみ上げる怒りを騙しだまし,岩本沙弓氏など,真っ当な反応をなさっ方々も少なからずいらっしゃることを,併せてメモします。

Sayumi Iwamoto official site
http://www.sayumi-iwamoto.com/theme1393048006.html

◇ 参考
http://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/
国連憲章テキスト
国際連合憲章
第1章 目的及び原則
第1条
3.
経済的、社会的、文化的または人道的性質を有する国際問題を解決することについて、並びに人種、性、言語または宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を尊重するように助長奨励することについて、国際協力を達成すること。


日経Web刊
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG22022_S4A220C1CC1000/?n_cid=TPRN0009
アンネの日記」破損被害300冊超す 都内38図書館
2014/2/22 21:22
 東京都内の公立図書館が所蔵する「アンネの日記」や関連書籍が破られているのが相次いで見つかった問題で、新たに武蔵野市でも17冊の破損が判明し、被害は300冊を超えることが、22日までに分かった。自治体や図書館への取材によると、少なくとも5区3市の38館で計306冊に上る。
 被害は杉並、中野、練馬、新宿、豊島の5区と、武蔵野、東久留米、西東京の3市で、東京23区北西部と隣接する地域に集中している。

< 途中省略 >
 被害を受けた中には、作家の小川洋子さんが各界の著名人と対談した「小川洋子対話集」など題名だけでは関連の分からない本もある


画像

怒ったほうがいいワン
http://4472752.at.webry.info/201402/article_22.html 「山梨県では一昨日19日なお300人近くの方々が孤立 2014/02/21 16:36」で登場した「雪かきの塊のまだ解け残る道を散歩」していたワンコさん。また会いました。


◇無責任で恥ずべきだと思った記事。一部引用 
オタポル
http://otapol.jp/2014/02/post-594.html
 一挙に国際問題にまで加速しつつある、この事件。ところが、当の図書館関係者からは「過剰反応では?」と戸惑いの声が挙がっている。本サイトの取材に応じた、都内の図書館関係者は語る。


<これに始まり以下のように結論付ける。>

 詰まるところ、精神医学的に“コダワリ”の強い人の犯行なのではと、図書館関係者は経験則から指摘をする。だからこそ、この事件にはコメントし辛い。その結果、すわ国際問題かというような妙な状況になってしまっているのである。
ナチス賛美の挙げ句にやっているのかと思えば、実態はもっとナイーブなものの様子。「国際問題」、「人種差別」と騒ぎは大きくなっているが、早期の真相解明が求められている。  (取材・文/昼間 たかし)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アンネの日記 」と関連図書が相次ぎ破損された【2】 銅のはしご/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる